【保育実習前に役立つ】実習で必要な準備と心構えを紹介

書き方

保育実習が近づいてくると期待がふくらむ反面、不安な気持ちになったり、緊張するという方が多いのではないでしょうか。実りある保育実習にするためには事前の準備がとても大切です。実習日に向けて計画的に準備をすすめましょう。今回は、保育実習に必要な準備と心構えについて詳しくお伝えします。これから実習を迎える学生のみなさん、ぜひこの記事を参考にして、心に残る充実した保育実習にしてくださいね。

施設の種別

自分の実習する園の種別は分かりますか?管轄省庁や各施設の特徴を知ることで、そこに通うこども達の背景を知ることにつながります。また、施設によって保育士の働き方も異なります。施設の違いをよく理解して、実習にのぞみましょう。

認可保育園

認可保育園は国の定めた基準を満たし、各都道府県知事に認可された厚生労働省管轄の児童福祉施設になります。この施設に通う子どもは保護者が仕事などによって日中保育することが難しい乳幼児期の子が主になります。保育者は養護と教育の2つの観点から子どもを保育しています。

幼稚園

幼稚園は「就学児前教育」として、学校教育法に基づいて設置されており、文部科学省が管轄する学校になります。満3歳からの子どもが対象となっており、保育時間は短く、内容も幼稚園によってさまざまな特徴があります。保育者は教育という観点を持ち保育をしています。

認定こども園

認定こども園は幼稚園と保育園の両方の観点を持ち合わせた内閣府管轄の施設です。保護者の仕事の有無に関係なく預けることが可能です。認定こども園は4つのタイプがあり、幼保連携型、幼稚園型、保育所型、地方裁量型に分類されます。

施設の保育理念

保育実習を行う上で、その園の保育理念、保育方針、保育目標は必ず知っておかなくてはなりません。その中でも保育理念は核となるものです。そして、そこにどうやって近づいていくべきかをあらわしたものが方針や目標です。まずは理念を知り、そこから方針や目標を確認することによって、園の方向性が見えてくるでしょう。理念は園にとっても道標となる大切なものです。

保育理念

保育理念はその園が目指す理想の姿です。保育理念を知ると、その園が何を大切にしていて、何を目指しているのかが分かります。社会貢献についても書かれていることが多いでしょう。

例:愛情に満ちた環境の中で、個と集団を大切にし、生きる力を育みます

保育方針

保育理念に基づき、実際にどの様に保育を進めていくか示したのが保育方針です。

例:子どもの思いを受け止めながら自ら伸びる力を大切にし、健全な心身の発達を目指します

保育目標

保育方針に則って、具体的にどうやって保育で行うかをあらわしたものが保育目標になります。保育目標、保育方針は保育理念にむけてより具体的に示されていることを覚えておきましょう。

例:友達と元気に遊べる子を育む

代表的な保育の種類

保育の方法は園によって違いがあり、園の特色にもなっています。実習前までに保育の方法を必ず確認して理解しておきましょう。

設定保育/一斉保育

活動のねらいや目標を明確に持ち、クラス全員で一斉に活動する保育のことを示します。保育士が中心となって保育を進めるため、計画を事前に立てやすいのが特徴です。
実習生が行う部分実習や責任実習はこの設定保育の場合が多いです。

自由保育

子ども自身が興味のある遊びを自由に選択できる保育のことを示します。なお、ただ遊ばせるのではなく遊びの展開などを想定し、環境設定を行うことが大切になります。

異年齢保育/縦割り保育/混合保育

1~2歳、3~5歳など異年齢の子どもで構成し、活動する保育のことを示します。発達の差があるため、どの年齢にねらいを定めるかが大切になります。なお、年齢を超えて一緒に生活することで社会性が育まれるといわれています。

特徴ある教育方法

特徴ある教育方法を持つ園もたくさんあります。ここではその中のいくつかを紹介します。それぞれの教育内容や特徴を詳しく知っておくことは、実習だけに限らず保育士を目指す上で役にたちますよ。

モンテッソーリ教育

20世紀初めにマリア・モンテッソーリによって考えられた教育法で、アメリカでは多くの園がこのモンテッソーリ教育を行っています。最近では日本でもその魅力から広まりをみせています。モンテッソーリ教育は子ども自身が自己教育力を持てるようにすることを主に考えて保育を行います。オリジナルの教具やモンテッソーリ教育のトレーニングをうけた保育者が主に保育を行います。

ヨコミネ式教育

将来、自立を目指して頑張る力をつけることを特徴としているのがヨコミネ式教育法です。スポーツ選手を多く輩出し、運動に適した環境を整えています。また、その他にも一人ひとりが主役になれるような保育を行うことでこどもが自らやる気を出すことを大切に考えています。

宗教保育

キリスト教や仏教の理念や方針に基づいて保育を行っております。保育の一環として礼拝や座禅などを行うことがあります。

実習で必要な持ち物を確認しよう

実習先の園によって必要な持ち物は異なるため、オリエンテーションなどで事前に確認しておきましょう。
今回は一般的な持ち物と注意点をご紹介します。

外靴

外遊びで走ったりすることが多いため、履きなれた動きやすいスニーカーなどを準備しましょう。また、実習園によっては出退勤時もスニーカーと指定がある場合もあります。派手過ぎない靴を準備しておくことをおすすめします。

上靴

園によって保育室は上履き着用の場合があります。清潔感のある物を準備しましょう。なお、靴下や裸足で活動している場合もありますので事前に確認するようにしましょう。

エプロン

上からかぶれるタイプのエプロンを準備するようにしましょう。
背面をヒモで結ぶタイプの場合、子どもが引っ張ったり、引っかかって怪我をする恐れがあります。
また、ボタンで止めるタイプの場合、糸がほつれてボタンが取れてしまい、誤飲する恐れがあるため日々の確認が必要です。
また、エプロンを使用しない園やキャラクター付きエプロンを禁止している園も多くありますので、オリエンテーションで事前に確認しましょう。

リュック

実習中に遠足や散歩など戸外活動がある場合、必要になるケースがあります。両手がふさがらず、必要なものをさっと取り出せるなど実用的なリュックを選ぶようにしましょう。

 腕時計

腕時計は必要なアイテムと思いがちですが、乳児のクラスでは子どもに当たって怪我をさせてしまう場合も考えられます。腕時計を付けてよいかどうかは事前に確認しておきましょう。

名札

名札は事前に用意するように言われる場合が多いようです。子どもが分かりやすいよう、ひらがなで作成することをおすすめします。また、エプロンと同様にキャラクターを禁止している場合がありますのでこちらも確認しましょう。

ハンカチ、ティッシュ

園では手洗いやうがいを1日に何度も行います。衛生的にも自分のハンカチを使うようにしましょう。
園によっては、ペーパータオル等を使用しており布ハンカチが不要の場合がありますが、身だしなみの基本として、ハンカチ、ティッシュは必ず用意しましょう。

文房具

ペンやメモ帳は自分で使いやすいものを用意すると同時に、メモ帳にカレンダーなどを貼り付けてスケジュール管理もできるようするなど使いやすい工夫をしておくと便利です。

印鑑

出勤簿や書類等の提出時に使用します。使いやすくあまり高価ではないものを用意しましょう。また、インクが内蔵されているシャチハタの印鑑が使えない場合があります。朱肉を使う印鑑も用意しておきましょう。

保育技術の練習をしよう

保育実習はあらかじめ日程が決まっていることがほとんどです。計画的に自分の練習スケジュールを立て、実習に備えることが大切です。

自己紹介

子どもにも伝わりやすい言葉を使って笑顔で自己紹介をすることを心がけましょう。年齢に合わせて、手遊びや小道具などを用いて自己紹介の仕方を変える工夫も必要です。

季節の歌をはじめ、子どもの前で歌える曲を用意しておきましょう。自分は歌が下手だと思い消極的な歌い方をするより、多少音がずれても保育士が楽しそうに歌うことが大切です。歌詞をしっかり覚えて自信を持って歌える曲を準備しておきます。

手遊び

子どもは手遊びが大好きです。手遊びをすることで、子どもとの距離をぐっと近づけることができます。また、保育のちょっとした隙間時間に保育者から「やってみる?」といわれる場合があるのでいくつか覚えておきましょう。

 ピアノ

オリエンテーションで事前に課題曲を渡される場合があります。実習前に練習をして弾けるようにしておきましょう。
しかし、ピアノが苦手と感じている方も少なくないと思います。その場合は、ピアノが得意な友達や学校の先生などに相談して、簡単に弾けるように編曲してもらうのも一つです。

ペープサート

ペープサートを授業で実践する学校も多いのではないでしょうか。自信のある作品を作り上げた方はその作品をぜひ持っていきましょう。自己紹介の時に活用してもいいでしょう。

パネルシアター

ペープサートと同じく、パネルシアターの準備ができる方は実習園に持っていくことをおすすめします。教室に置かせてもらい、いつでもできるようにしておきます。事前に担当の保育者にも伝えておきましょう。

その他保育技能

学校で製作したもので、保育で実際に使ってみたいと思えるものは積極的に実習に持っていきましょう。実習園の保育士も一緒に楽しみたいと思っていることがほとんどで、アドバイスをもらえるはずです。子どもの楽しそうな様子を見ることができると、保育者として喜びを感じられる瞬間になるはずです。

 日誌や指導案の書き方を練習しよう 

保育実習では、1日の振り返りとして日誌を書いたり、部分実習や責任実習を行う前に指導案を書きます。保育実習経験がある学生からはこの日誌や指導案を書くのが苦手という声を多く聞きます。
書く際にポイントを押さえることで、スムーズに書くことができるようになりますのでご参考ください。

実習日誌を書くポイント

書式は学校によって様々ですが、内容は概ね決まっています。保育のねらい、目標、活動時間、活動内容、環境構成をいつも気に留めながら実習することが大切です。記入する時は丁寧に、読みやすいきれいな字で記入することが原則です。
保育中にメモを取っても良いかはオリエンテーションの際に確認しましょう。

指導案を書くポイント

保育における環境設定はとても大切です。実習の指導案にはまず環境についての記述をこまかく書くようにしましょう。また、子どもの動きや保育者の動きも予想しながら記入しましょう。もちろん、予想していた通りにならない場合もあります。実施後は何が違ったのか、どの様な声掛けをしたら良かったのかなどをふまえて振り返りを記入するようにしましょう。

まとめ

十分に準備をしても実際の保育ではうまくいかないことが必ずあります。多くの失敗も大切な経験です。また、失敗が許されるのも学生の特権です。その時に素直に受け止めることがその後の保育に生きてきます。実習園の保育士も学生は上手に保育することよりも、柔軟にそして積極的に保育に関わる姿勢が大切だと考えてるので、ぜひ失敗を恐れず積極的に取り組みましょう。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HOiCiL」です。HOiCiLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました