教育・予想される子どもの姿【2歳児・8月】の月案文例

教育・予想される子どもの姿【2歳児・8月】の文例をご紹介します。

  • 自分から尿意や便意を知らせ、トイレで排泄できる子が増えてくる。パンツを膝まで下げて排尿したり、後始末を自分でやろうとする。
  • 色水や泡で洗濯ごっこや、ジュース屋さんごっこを楽しむ。
  • 好きな絵本などから膨らませ、ごっこ遊びが発展していく。
  • 1人より他児と過ごす事を好む姿が多くなる。
  • 衣類や靴の片づけをしようとする。
  • 絵の具遊びや魚つりなど、室内での製作遊びを楽しむ。
  • 休み中の出来事や家庭での様子を積極的に保育者に話す。
  • 好きな歌や季節の歌を歌ったり、体操をして楽しむ。
  • 自分でできる身の回りのことは、進んでやってみる。
  • 自分で着脱をしようとして裏返しになることもあり、手伝ってもらって直そうとする。
  • 手洗いで水遊びになることもあるが、保育者に声をかけられるときちんと洗って手をふく。
  • 泥んこ遊びや水遊びなど、夏の遊びの楽しさを味わう。
  • 排尿できたことを保育者に知らせる。
  • 排尿後の後始末を自分でやろうとする。パンツで過ごす子が増えてきて、膝まで下げて排尿する子もいる。
  • 箸を使って食べようとする子も見られる。
  • 保育者や好きな友だちと関わって一緒に遊ぶことを喜ぶ。
  • 野菜スタンプや、ボディーペインティングを楽しむ。
ログイン後のコンテンツはここに表示されます。

会員登録するとより多くの月案文例や日常保育に役立つ情報を無料で入手できます。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました