職員との連携【2歳児・8月】の月案文例

職員との連携【2歳児・8月】の文例をご紹介します。

  • 夏休みで担任不在になることもあるため、他の職員と子どもの状態や動きについて確認し合う。
  • 夏に多い感染症の早期発見に努め、看護師と共に適切な対応を行う。
  • 水遊びの際の分担や、子どもの着替え・食事の場面での連携の取り方については、事前にしっかり確認を行い、共通認識をもって対応できるようにする。
  • 一人一人の健康状態や連絡事項を伝え合い、朝夕のサポーターとも連絡を十分に取りながら、一日を通して安定して過ごせるようにする。
  • 夏の生活の流れ、職員の配置、役割分担や子どもへの声のかけ方など、担任間で日々確認や見直しを行う。
  • 職員の役割分担をそれぞれが理解し、危険な場所には必ず保育者がつくことを確認する。
  • 職員も夏季体制になるため、情報交換を密にし、引継ぎなどをしっかり行っていく。
  • 他クラスの職員と連携をとりながら、夏期の保育をスムーズに進められるようにする。
ログイン後のコンテンツはここに表示されます。

会員登録するとより多くの月案文例や日常保育に役立つ情報を無料で入手できます。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました