養護・環境配慮【2歳児・8月】の月案文例

養護・環境配慮【2歳児・8月】の文例をご紹介します。

  • 日差しが強い日は早めに入室し、コーナー遊びなどをして室内でゆっくり過ごすようにする。
  • 水分補給や休息ができる場所を設定し、無理なく過ごせるようにする。
  • 汗をかいたらシャワーできれいに洗い流し、気持ちよく過ごせるようにする。
  • 冷房を使うときは外気温との差に気をつける。
  • プール前後での体調の変化に注意する。
  • プール遊び後も1人1人の健康状態を観察すると共に、動と静のメリハリある保育の流れを心掛け、休息も十分取れるよう配慮する。
  • 周りの子や保育者が手を洗う様子を見せ、気づけるようにしていく。
  • 夏の疲れで甘えてくるときは気持ちを受け止めて、その子の様子に合った接し方をする。
  • 興味が持てるよう働きかけるだけでなく、子どもが気づけるよう見守っていく。
  • 自分の気持ちや考えを言葉で表せるように、子どもの話を聞いて言葉を添えたりする。
  • 暑さや日差し、子どもの体調に合わせ十分に休息がとれるよう、活動や遊びの内容・時間を考慮する。
  • 食事中に眠くなる子もいるので、起床時間を考慮しながら早めに布団で休めるようにする。
ログイン後のコンテンツはここに表示されます。

会員登録するとより多くの月案文例や日常保育に役立つ情報を無料で入手できます。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました