保育者の援助【5歳児・12月】の月案文例

保育者の援助【5歳児・12月】の文例をご紹介します。

  • 年末年始の行事の本などを用意し、期待が持てるようにする。
  • 大掃除を皆で話し合い、分担して行う。
  • 工夫して取り組んだ事や今までできなかったことが出来るようになったりといった、その子なりの成長を見つけ、認めていく。
  • うがいや手洗いなどの大切さを知らせ、進んで行う姿は大いにほめ、認める。
  • 子どもがやりたいと言ったことや興味を持っていることを見つけ実行したり、誘いながら体を使う楽しさを伝える。
  • 食事マナーは大人が手本となって見せたり、個々に声を掛け身につくように見ていく。
  • 手洗いうがいの大切さを伝え、自分から進んで行っていけるよう保育者が見本になって伝えていく。
  • 自らが気がついて行動していけるような声の掛け方、援助を工夫していく。
  • 感染症が流行しやすい時期なので、一人ひとりの健康状態を把握し、快適に過ごせるようにする。
  • 子どもの気持ちを温かく受容し、一人ひとりが安心して自己を発揮できるようにする。
  • 子どもの自然事象への気づきを大切にする。年末年始の行事を話題にし、期待がもてるようにする。
  • 子ども同士で伝え合う姿を見守りながら、必要に応じて言葉をかける。
  • 自分たちで考えた振り付けや合奏を、他のクラスの友達にも見てもらいたいという気持ちを大切にする。
  • 手洗いやうがいの大切さなど風邪予防の習慣が身につくよう声をかけ、意識づけをする。
  • 仲間意識が高まる中で、一人ひとりの思いを理解し、共感し、はげます。
  • 文字や数字などを生活や遊びの中に取り入れ、理解できるようにする。
  • 文字や数字を生活や遊びに取り入れ、理解できるようにする。
  • 保育者も一緒に歌ったり踊ったりし、楽しさを伝える。
  • 保育者も一緒に歌ったり踊ったりして、楽しさを伝える。また、活動の中で一人一人をほめながら、自信をもって取り組めるようにする。
  • 保育者も一緒に食事をしながら、時間を意識できる言葉をかける。
  • 保育者も進んで体を動かし、遊ぶ楽しさを伝える。
  • 友だちと一緒に取り組んでいる姿を認め、楽しさや満足感が味わえるようにする。
  • 友達と一緒に取り組む姿を認め、楽しさや満足感が味わえるようにする。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました