環境配慮【2歳児・10月】の月案文例

環境配慮【2歳児・10月】の文例をご紹介します。

  • 季節の移り変わりに気づけるような声かけをしたり、子どものつぶやきや発見を大切に受け止めて共感したりして、自然に対する興味がよりもてるようにする。
  • 必要な時に仲立ちし、自分で考えて気づけるような言葉がけをする。
  • 無理に布パンツやトレーニングパンツにせず、子どもの気持ちに沿って進める。その際、オムツでも無理強いしない程度にトイレへの声掛けはしていく。
  • 注意ばかりにならず、楽しい雰囲気で食事ができるようにする。
  • 「おもしろい」「やりたい」という気持ちを受け止めながら、順番を守ることや交代することも知らせる。
  • ごっこ遊びでは、保育者も一緒に遊びながら楽しませる。
  • 手遊び歌などは、一つひとつの動き方を丁寧に知らせ、楽しくいろいろな動きができるようにする。
  • 一人ひとりの排泄間隔を把握して、トイレに誘う。成功したときは一緒に喜び、次へとつなげる。
  • 夏の疲れが出やすい時期なので個々の体調を把握し、十分に休息がとれるように配慮する。
  • 必要な時に仲立ちし、自分で考えて気づけるような言葉がけをする。
  • 無理に布パンツやトレーニングパンツにせず、子どもの気持ちに沿って進める。その際、オムツでも無理強いしない程度にトイレへの声掛けはしていく。
  • 注意ばかりにならず、楽しい雰囲気で食事ができるようにする。
  • 「おもしろい」「やりたい」という気持ちを受け止めながら、順番を守ることや交代することも知らせる。
  • ごっこ遊びでは、保育者も一緒に遊びながら楽しませる。
  • 手遊び歌などは、一つひとつの動き方を丁寧に知らせ、楽しくいろいろな動きができるようにする。
  • 一人ひとりの排泄間隔を把握して、トイレに誘う。成功したときは一緒に喜び、次へとつなげる。
  • 夏の疲れが出やすい時期なので個々の体調を把握し、十分に休息がとれるように配慮する。
  • 手洗いのとき、保育者が水を口に含むガラガラうがいのやり方を見せる。
  • 秋の自然と触れ合う中で、子どもの発見や驚きに共感し、会話をふくらませるようなやり取りをする。
  • 箸の使い方や茶わんの持ち方は一人ひとりに知らせる。
  • 風邪に関する絵本を用意して、手洗い、うがいの大切さを知らせる。
  • 寒くなっていくので室内の湿度、散歩時の服装を考えていく。
  • 体を動かして遊んだ後は、水分補給と休息が必要なことを伝えていく。
  • 自分で着脱しやすい衣服を用意してもらい、意欲的に出来るようにする。
  • ロッカー内に調節のできる衣服があるか確認しておく。
  • ゆったりと生活ができるように配慮する。
  • 一人一人の体調や気温に合わせて、衣服の調節を行う。また、窓の開閉を行い、気持ちよく過ごせるようにする。
  • 健康状態に気を配り、体調の変化が見られたときには、適切に対応する。
  • 午睡の時間にゆとりを持たせ、十分眠って気持ちよく起きられるようにする。
  • 室温や外気温を確認して快適に過ごせるよう配慮をしていく。
  • 天候の変化、気温差が大きく、室内で過ごすことも多いので落ち着いて生活ができるように配慮していき、湿度や室温の管理を行っていく。
  • 安心して自己主張できるように、温かいクラスの雰囲気を大切にする。
  • いつも同じ場所に脱いだ衣服などを入れられるようにカゴを置く。
  • かけっこを思いきり楽しめるよう、安全に遊べる場所を確保しておく。
  • 着替えスペースにゆとりを持ち、ゆっくり丁寧に出来るよう、時間や人数に余裕を持ち入室する。
  • 散歩へ行く際は、お散歩バッグを持ち、園に持ち帰れるようにする。
  • ハサミに慣れるため、いつでもハサミを使える場を作る。
  • はさみの安全な使い方を知らせながら、集中して遊べるよう少人数で行う。
  • ハロウィンに向け、なりきり遊びが出来るコーナーを作る。
  • 一人ひとりの食事の時の姿勢や、食具の持ち方に目を向け、その都度正しいやり方を示していく。
  • 平均台、はしごの下にはマットを敷き、必ず保育者が近くにつき、安全に行えるようにする。
  • 運動遊びや体操など、全身や遊具を使った遊びを取り入れる。
  • 好きな絵本などは落ち着いた雰囲気の中で読んで言葉(せりふ)のやり取りをしたり、イメージがふくらむように関わる。
  • 散歩に行く機会を設ける。
  • 散歩は足の親指やかかとを使えるようないろいろなコースを体験できるようにする。
  • 子どもの好きな体操の曲を用意する。
  • 子どもの高さに合わせて、食器の片付け場所を設定する。
  • 自然物に触れられる公園や、広いスペースのある公園を選ぶ。
  • 自分でやろうとする気持ちを認め、着脱しやすいように衣類を並べたりしておく。
  • 新たな公園に散歩に行き、新しい遊具で安全に遊べるよう配慮する。
  • 全身を使う遊びが楽しめるように遊具を点検し、危険のないようにしておく。
  • 全身を使って遊べるスペースを十分に確保する。
  • 木の実や落ち葉は製作に使えるよう、十分な量を分類して保存しておく。
  • 遊びをとおして箸の使い方に親しめるようにする。
  • 落ち着いて生活ができるように、興味を持てるものを準備していく。
  • トイレットペーパーの切り取り方の見本を見せたり、そばに付いて丁寧に知らせたりする。上手にできたときには大いにほめて、身に付くようにする。
  • パンツを膝まで下ろすやり方を知らせる。
  • 保育者やお友達を手を繋ぎ、楽しく歌う機会も作る。
  • やりたいという気持ちになる雰囲気や言葉掛けをしていく。
  • 運動会の余韻を楽しみながら、体操やかけっこなど子どもの興味のある遊びを楽しめるようにする。
  • 子どもが新しい動きや踊りをし始めた時には、一緒におもしろがり、ほかの子どもも誘いながら共に楽しんでいく。
  • 子どもたちが新しいイメージや見立てを発信する姿が生まれてきたら、様子を見ながら、それが持続し、ほかの子どもとも共有しやすくなるような環境の工夫や提案をしてみる。
  • 子どもたちの”したい””じぶんで”の気持ちを大切にして援助や見守りをしていくと共に、自分でできた際はたくさん褒めて自信へとつなげていく。
  • 自然に興味が向くような声かけを行い、散歩が楽しめるようにする。
  • 自然の中で子どもが発見したことに共感し、親しみがもてるようにする。また、過ごしやすい気候の中、かけ回る楽しさや心地よさが味わえるように共に楽しむ。
  • 手洗いやうがいを忘れやすい子には、生活の中で丁寧に声をかけていき、洗った後の気持ちよさを一緒に味わうようにしていく。
  • 食器の種類を一緒に確認しながら、片付け方を知らせる。
  • 身の回りのことをする様子を見守り、一人一人に合わせて声かけや援助を行い、できたことは大いにほめ、習慣が身に付くようにする。
  • 男児には立って排尿する方法を言葉かけをしたり、後ろからお尻に手を添えたりして知らせる。女児にはトイレットペーパーの使い方をそばについて知らせる。
  • 遊具で遊ぶ際は、子どもの「やりたい」という思いを大切に、危険のないように見守り、遊び方を丁寧に知らせる。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました