保育者の援助【5歳児・9月】の月案文例

保育者の援助【5歳児・9月】の文例をご紹介します。

  • 危険な行為や場所については、子どもたちとも気をつけるべきことを話し合って、自分たちの行動について考えられるようにしていく。
  • 汗が冷えて風邪をひかないよう、汗をかいたら着替えを促す。
  • 子どもの疑問を聞く機会として、栄養士に季節の味覚や調理の仕方を尋ねたり、散歩のルートで会う地域の人と話したり、保護者に仕事について聞いたりする機会を設ける。
  • 視覚で訴えられるようなものは活用しながら、子どもが分かりやすく行動できるような環境を整えていく。
  • 室内での過ごし方を一人ひとりが意識できるよう、声の大きさや遊び方を丁寧に伝える。
  • 自分たちの運動会について、友だちと、内容や、進め方、案内の仕方などについて話し合う機会を設ける。
  • 自分の調べたことや尋ねたことを、伝えたり教えたりする姿を認め、促す。
  • 将来なりたい仕事や、その特徴、住みたい場所など、話し合い、様々な仕事や生活があることを知る機会を設ける。
  • 道具の安全な扱い方や準備や片づけ方を経験的に身につけながら遊びを楽しむ。
  • 友だちが調べたことや探求したことを共有できる機会を設ける。
  • やり遂げようとする姿を認め、自信につなげる。
  • 一人ひとりが目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
  • 一人ひとりの発想に共感したり、いろいろな材料を使って工夫しているところを友だちにも知らせたりする。
  • 一人一人が目標に向かって挑戦している姿を認め、自信につながるようにする。
  • 休息をとることと、水分補給の大切さを、子どもたちへ伝える。
  • 言葉で表現する姿を見守り、共感したり、必要に応じて言葉を補ったりしながら、楽しさが味わえるようにする。
  • 自分で進んで行う姿は、ほめて認める。気がつかないところはわかりやすく伝え、習慣づける。
  • 親しみやすい話を選び、内容が理解でき、想像がふくらむように読み聞かせをする。
  • 製作する中で、一人一人の発想に共感し、いろいろな材料を使って工夫しているところを、周囲の友達にも知らせる。

同じ月の他項目の文例はこちら

タイトルとURLをコピーしました