【0歳児】4月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢児は、4月はまだ慣らし保育の子どもが多い時期です。保護者も子どもも不安でいっぱいなので、保育者が気持ちを受け止め、温かく関わることが大切です。また、一人ひとりの生活リズムも異なるため、授乳や睡眠のタイミングを計りながら安心して過ごせるようにしましょう。 高月齢児は、人見知り、場所見知りで新しい環境にとまどう子も多いでしょう。安心して過ごせるように子どもの様子をよく見て寄り添うことが大切です。また、保護者も新しい生活の始まりに不安な気持ちを抱えています。こまやかにコミュニケーションをとり、安心して園生活をスタートできるようにしましょう。

4月の月案文例(0歳児・養護)

  • 抱きしめられたり言葉をかけられたりして、安心感を得る。
  • ゆったりとした環境の中で、保育者や友達と一緒に過ごす。
  • ミルクを飲んで満足し、安心して眠りにつく。
  • 特定の保育者に慣れ、信頼感を持ち愛着関係を形成する。
  • 「美味しい……

    4月の月案文例(0歳児・行事予定)

    • 入園式
    • 全体懇談会

    4月の月案文例(0歳児・環境・衛生管理)

    • 朝の視診をしっかり行い、一人一人の健康状態に留意する。
    • 手や玩具などを口に入れることが多くなるので、こまめに消毒するなど衛生面に気を配る。
    • おもちゃを清潔に保つため、毎日消毒する。

    4月の月案文例(0歳児・)

    • 一人一人の顔色や体の様子をゆったりと見られるように、保育室を配置する。
    • 安心して眠れるよう、場所を区切るなど工夫する。
    • ゆったりとした曲を流し、眠りやすい環境をつくる。
    • 不安な気持ちを優しく受け止め、動物の壁面や音楽、置物などを用意し、……

      4月の月案文例(0歳児・)

      • 保護者から、今までの家庭での過ごし方や、家庭での生活リズムを聞き、子どもに負担がかからないように無理なく、ゆっくりと園での生活リズムに慣れる。
      • ゆったりとした気持ちで過ごせるように、一人ひとりの生活リズムや個性を把握したり、わらべうたや抱っこなどの触れあいを多くしてい……

        4月の月案文例(0歳児・ねらい)

        • 新しい環境に慣れて、安心して過ごせるようになる。
        • 保育者とふれあったり、スキンシップをとることで、親しみをもつ。
        • 好きなおもちゃを見つけて、かかわろうとする。
        • 安心できる温かい雰囲気の下、保育者と関わりながら信頼関係を深める。
        • ……

          4月の月案文例(0歳児・)

          • 落ち着いた雰囲気の中でミルクを飲んだり眠ったりする。
          • 離乳食を食べさせてもらったり、自分で食べようとする。
          • 新しい保育室の環境に慣れる。
          • ミルクを飲んで満足し、安心して眠りにつく。
          • 「美味しいね。」など言葉や表情で伝える……

            4月の月案文例(0歳児・現時点での子どもの姿)

            • 保護者と離れることに不安を感じ泣くことが多くみられるが、泣いて欲求を訴え、一つ一つ受け止めてもらいつつ少しずつ保育者に慣れてきた。
            • 保育者の傍で、興味を持った玩具を手に取り感触を楽しむ。
            • 他児の食事場面を見て、食べたそうに手を伸ばし、よだれを出す姿が見……

              4月の月案文例(0歳児・長時間保育の配慮)

              • 延長の保育者に事前に保育に入ってもらい、慣れていくようにする。
              • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
              • 異年齢との保育になるので、安全に気をつける。また、こまかい玩具を口に入れないように十分に留意する。
              • 4月の月案文例(0歳児・食育)
                • 離乳食や授乳が進むように、家庭的な温かい雰囲気の中で優しく語りかけていく。
                • 保育者の膝に抱かれて食べる。エプロンをつけて、おしぼりで手と口を拭いて食べ始めるようにする。
                次のページへ
タイトルとURLをコピーしました