【0歳児】4月の月案文例や書き方(ねらいや環境など)

記入のポイント

低月齢児は、4月はまだ慣らし保育の子どもが多い時期です。保護者も子どもも不安でいっぱいなので、保育者が気持ちを受け止め、温かく関わることが大切です。また、一人ひとりの生活リズムも異なるため、授乳や睡眠のタイミングを計りながら安心して過ごせるようにしましょう。 高月齢児は、人見知り、場所見知りで新しい環境にとまどう子も多いでしょう。安心して過ごせるように子どもの様子をよく見て寄り添うことが大切です。また、保護者も新しい生活の始まりに不安な気持ちを抱えています。こまやかにコミュニケーションをとり、安心して園生活をスタートできるようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました