【1歳児】4月の月案文例や書き方(ねらいや環境など)

【1歳児】4月の月案文例や書き方

【1歳児】4月の月案の記入のポイント

低月齢児は、新しい環境に変わり、不安を覚えたり興奮のために疲れやすくなりがちです。個別での関わりを大切にし、情緒の安定を図ることが必要です。楽しみをすつけながらクラスに親しめるように心がけ、安定!た気持ちで過ごすことができるようにしましょう。
高月齢児は、新しい環境のなかで安心して過ごせるように、子どもの気持ちに寄り添いながら関わっていきます。情緒に揺れが見られる子どもには、個別に対応するためにゆったりとした時間をとり、信頼関係を築くことが大切です。活動計画に余裕をもち、一人ひとのペースを大事にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました