【0歳児】8月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢は、はいはいからつかまり立ちへと、体の発達が著し時期です。子どもの発達と興味に沿った探索活動できるような環境づくりをしましょう。暑さで体を崩しやすい時期ですが、夏の遊びを楽しみなが健康的に過ごせるように心がけましょう。高月齢は、歩行やつたい歩きなど、個々の運動機能の発達によって、探索範囲がどんどん広がります。それによって玩具などの使い方も変化していくため、けがのないようそばについて見守りましょう。また、暑いなかでの活動では、個々の体調に気を配り、職員間でも情報を共有することが大切です。

8月の月案文例(0歳児・行事予定)

  • 夏祭り

8月の月案文例(0歳児・養護)

  • 十分なスキンシップで気持ちを満たし、落ち着いて過ごす。
  • 慣れた保育者の動きや言葉の模倣をするなど、関わりを多く持つ。
  • 食事では、意欲的に食べながら、おかわりをする事を楽しみにする。
  • 午睡では、再入眠できず激しく泣いてしまう子がいる。そば……

    8月の月案文例(0歳児・環境・衛生管理)

    • 天候、気温、温度をこまめに確認し、窓の開閉やエアコンの調整を行う。
    • タープ、シート、ビニールプール、玩具の点検、沐浴室を清潔に保つ。

    8月の月案文例(0歳児・)

    • 着替えの後などは「さっぱりしたね」「気持ちよくなったね」と言葉にして伝えていくようにする。
    • 食事をするペースを個々の発達に合わせ、ゆったりと食べられるようにする。
    • 上手に食べられたときはほめる。
    • 意欲的に食事が出来るように、励まし、声掛……

      8月の月案文例(0歳児・)

      • こまめな着替えや沐浴、シャワーで肌の清潔に心がける。
      • ゆったりとした雰囲気の中で、ミルクを飲ませたり食べさせたりしてくれる保育者に関心がもてるようにする。
      • 食べたい気持ちを大切にしながらさまざまな食材に親しめるようにする。
      • 離乳食は体調……

        8月の月案文例(0歳児・ねらい)

        • 暑い夏をゆったりと心地良く過ごす。
        • 遊びや生活の中で、保育者や友達と一緒に楽しく過ごす。
        • 水や氷の感触や音など、心地良さを感じ楽しんで沐浴や水遊びを行う。
        • 手づかみやスプーンで食事をしようとする。
        • 褒められたり励ましても……

          8月の月案文例(0歳児・)

          • 沐浴やこまめに着替えをし、心地良く過ごす。
          • 徐々にいろいろな味覚、食材に親しめるようにする。
          • 発達に応じた食事スペースをもち、手づかみで食べられる子は自分で食べたという気持ちを大切にする。
          • 食事の前後は顔や手をふき、心地よさを感じられる……

            8月の月案文例(0歳児・現時点での子どもの姿)

            • お座りが安定し、方向を変えたり、つかまり立ち、伝い歩き、手を離して1人で立ち、歩行できる子も出てきた。
            • 友達と同じことをしたがり、玩具の取り合いが増える。
            • 少しずつ慣らしたため、水への恐怖心はあまり見られず、水遊びでは顔に水がかかっても平気で笑って喜ぶ……

              8月の月案文例(0歳児・長時間保育の配慮)

              • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
              • 暑さで疲れが出やすい時期なので、保育者間でしっかりと引き継ぎを行い、ゆったりとした気持ちで過ごせるようにする。
              • 延長の保育者に事前に保育に入ってもらい、慣れていくようにする。8月の月案文例(0歳児・食育)
                • 自分で食べようとする意欲を大切にし、スプーンの持ち方や使い方を知らせながら、ゆっくりと関わり、個々に応じた手助けをする。
                次のページへ
タイトルとURLをコピーしました