【1歳児】8月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢は、一人ひとりが好きな遊び方をみつけ、また友だちや保育者のまねをしながら展開するなど、遊びに集中して取り組む姿がみられます。友だちとの関わりが増えるなかで芽生える「自分の思いを伝えたい」という気持ちを見守りながら、タイミングよく声をかけていきましょう。高月齢は、水遊びに慣れてくると、子どもの動きも大胆になり、思わぬけがにつながることがあるので気を引きしめましょう。子ども同士の関わりも増えてきますが、一人遊びを好む子どももいます。無理強いせず、子どもが孤独感を感じないよう目配りしましょう。

予想される子どもの姿【1歳児・8月】

  • 暑さからたくさん汗をかいたり、早く目覚めてしまったりする子がいる。
  • 時間がかかりながらも、自分でやりたい気持ちが出てくる。
  • 暑さから水分ばかりほしがり、食事が進まない子がいる。
  • じょうろやバケツなどを使いながら、水の感触を体全体で楽しむ……

    職員との連携【1歳児・8月】

    • 子ども同士のトラブルが増えてきているので、原因やそのときの様子を伝え合い、どの職員でも同じ姿勢で対応できるように確認しておく。
    • 着脱の援助の仕方や声かけなどは保育者間で統一していく。
    • プールの準備や片づけ時は、子どもの安全確保のために役割分担をする。<……

      食育【1歳児・8月】

      • 夏の野菜やくだものについての話や絵本を通して、旬の食材への興味を広げる。
      • 食べたい気持ちを大事にしてゆったりとした雰囲気をつくる。
      • 食事の量を加減したり援助したりして、無理強いせず、気持ちよく食べられるようにする。
      • テーブルの上や床にこ……

        内容【1歳児・8月】

        • 夏の疲れが出る頃なので、食事・水分・休息を十分に取り、快適に過ごす。
        • 保育者に手伝ってもらいながらも自分で食べようとしたり、着替えようとする。手足を出したり、パンツやズボンの上げ下ろしをする。【健康】
        • 汗をかいたり汚れたりした後は、こまめに着替えて、気……

          評価・反省【1歳児・8月】

          • 衣服の着脱、手洗いなど、簡単な身の回りのことも自分でやろうとする姿が多くなり、十分にほめることで自信や意欲が育ってきているのがよい。引き続き見守りたい。
          • 汗をかくためか排尿の間隔が長くなってきているので、タイミングを見てトイレに誘い、トイレでの排尿を促したい。保育者の援助【1歳児・8月】
            • 室内の温度・湿度・風通し・水分補給などに十分気をつける。
            • よく汗をかく子は涼しいところに寝かせる。汗をかいたらこまめにふいたり、着替えさせたりする。
            • 食べようとする姿を見守り、自分で食べられるものやのどごしのよいものを勧め、食欲が落ちないように配慮する……

              教育・内容【1歳児・8月】

              • 保育者に手伝ってもらいながらも自分で食べようとしたり、着替えようとする。手足を出したり、パンツやズボンの上げ下ろしをする。【健康】
              • 水に親しみ、プールに入った時の気持ちよさを感じる。【健康】【環境】
              • 保育者や友だちと一緒に、ままごとや乗り物遊びなど、見……

                教育・環境養護【1歳児・8月】

                • 自分でやりたい気持ちを大切にし、充分に取り組めるよう十分な時間を用意し、スペースを確保していく。
                • 水にふれる気持ちよさや解放感を味わえるよう、ジョウロやバケツなどの道具を多めに用意し、一人ひとりが好きな方法で水遊びができるようにする。
                • 友達のやっている……

                  教育・予想される子どもの姿【1歳児・8月】

                  • 時間がかかりながらも、自分でやりたい気持ちが出てくる。
                  • じょうろやバケツなどを使いながら、水の感触を体全体で楽しむ。
                  • ままごとを通し、つもり遊びを楽しむようになる。
                  • 靴下や靴、ズボンの着脱を自分でしようとする。
                  • 友達の存……

                    ねらい【1歳児・8月】

                    • 十分な水分や休憩を取りながら暑い夏を健康的に過ごす。
                    • 身の回りのことを自分なりにやってみようとする。
                    • 保育者や友だちと一緒に、水遊びや泥遊びのおもしろさや気持ちよさを味わう。
                    • 保健的で安全な環境の中で、快適に過ごす。
                    • 保…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました