【1歳児】8月の月案文例や書き方(ねらいや環境など)

記入のポイント

低月齢は、一人ひとりが好きな遊び方をみつけ、また友だちや保育者のまねをしながら展開するなど、遊びに集中して取り組む姿がみられます。友だちとの関わりが増えるなかで芽生える「自分の思いを伝えたい」という気持ちを見守りながら、タイミングよく声をかけていきましょう。高月齢は、水遊びに慣れてくると、子どもの動きも大胆になり、思わぬけがにつながることがあるので気を引きしめましょう。子ども同士の関わりも増えてきますが、一人遊びを好む子どももいます。無理強いせず、子どもが孤独感を感じないよう目配りしましょう。
タイトルとURLをコピーしました