【1歳児】12月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢は、冬らしくなり、かぜの流行や体調を崩すことが心配されますが、戸外で活発に体を動かしたり、冬の訪れを感じたりすることも大切です。ただし、寒さが厳しい日は無理せずに室内での活動に切りかえ、元気に年末年始を迎えられるようにしましょう。高月齢は、かぜの流行が心配な季節ですが、子どもの成長には日光に当たり元気に体を動かして遊ぶことが必要です。寒い日の戸外活動では、衣服の調節や遊びの選択、また活動時間を調整して取り組みます。クリスマスやお正月を前に、季節感をたっぷり楽しんでいきましょう。

現時点での子どもの姿【1歳児・12月】

  • 友だちと同じ遊びをしたいという思いで、「一緒に過ごす」「思いを共有する」「模倣をする」などの関わりが見られる。
  • 身の回りのことを「自分で」と言いながらやろうとする姿が少しずつ増えてきた。半面、まだ遊んでいたい、行きたくない、と強く自己主張する姿を見せる子もいた。行事予定【1歳児・12月】
    • お遊戯会
    • クリスマス会

    職員との連携【1歳児・12月】

    • 園庭と室内に分かれて遊ぶときなど、人数や様子をそれぞれに把握して声をかけ合う。
    • 無理なく行事に参加できるように、内容や参加の仕方を話し合う。
    • 異年齢での散歩を経験できるよう、コース設定や人数などを職員間で話し合っていく。
    • 子どもの興味や……

      食育【1歳児・12月】

      • 食べ物の好き嫌いは、保育者がおいしそうに食べて見せたり、友達の食べている様子を見せたりして、食べてみようという意欲がもてるようにする。
      • 行事食を取り入れ、季節感を食事でも味わえるようにする。
      • 給食の三角食べができるように声かけをしていく。
      • 内容【1歳児・12月】
        • 外気に触れながらたくさん体を動かして遊ぶ。【健康】【環境】
        • 健康状態に配慮されながら、快適に過ごす。
        • 蛇口を自分でひねって手を洗ったり自分のタオルでふく。【健康】
        • 安心できる保育者の見守りの中で、友だちと一緒にいることや同じことをして遊……

          評価・反省【1歳児・12月】

          • 発熱や下痢の症状が見られる子が数名いたり、溶連菌に感染したりする子がいたが、長引くことなく元気に過ごすことができた。これからますます寒くなり、インフルエンザなど感染症が流行する季節になるので、衣服・室温調節に留意しながら一人一人の体調の変化を見守り、異常が見られる際は適切に対応したい……

            保育者の援助【1歳児・12月】

            • トラブルには双方の思いを受止め、こう言ってごらん、こういう言い方もあるよと自分の思いの伝え方を知らせていく。
            • ズボンやパンツの向きを履きやすいようにそろえて置き、自分で履けた喜びを味わえるようにする。
            • 自発的な行動を尊重し、援助をしつつ見守る。予想される子どもの姿【1歳児・12月】
              • 鼻が出る子はいるが、体調を崩すことなく、みんな元気に登園している。
              • 水が冷たくなると手洗いをいやがることもある一方で、手を洗うとき、遊んでしまう姿が見られる。
              • 友だちと関わって遊ぶがけんかになることもある。
              • 好きな歌を繰り返し歌ったり、……

                安全・健康【1歳児・12月】

                • 子ども同士の関わりが増え、友だち同士でのトラブルが出てくる為、遊びの様子を注意しながら見守る。
                • 冬の乾燥や感染症対策として、多めに水分を摂り、手洗いもしっかり行なう。
                • 手洗い後は必ず保育者が仕上げをする。
                • 冬の感染症や気温の変化に留意し……

                  安全対策・事故防止【1歳児・12月】

                  • 子ども同士の関わりが増え、友だち同士でのトラブルが出てくる為、遊びの様子を注意しながら見守る。
                  • 気温に合った衣服の調整を心掛ける。
                  次のページへ
タイトルとURLをコピーしました