【1歳児】2月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢児は、ひとり歩きがスムーズにできるようになるにつれ、行動も主体的になり自我が芽生えていきます。身のまわりのことがいろいろできるようになる反面、気分にムラが表れることもあります。あせらずに気持ちを落ち着かせるように配慮しましょう。 高月齢児は、子どもたちは意欲的になり、自分でできた喜びをより感じとるようになってきました。生活や遊びのルールを知り、少しずつ身につけるなかで自立心が育っているのです。自己主張が激しくなってくる子どもの姿や、こだわりへの対応のしかたも保護者に伝えていきましょう。

行事予定【1歳児・2月】

  • 節分(豆まき)
  • 避難訓練
  • 個人面談

職員との連携【1歳児・2月】

  • 友だちと遊ぶ様子などを共有し、それぞれの子どもへの関わり方への共通認識をもつ。
  • 子どもの体調を看護師も含めて共有し、体調の変化に迅速に対応できるようにする。
  • 一人一人の様子や体調をこまめに伝え合い、状況に応じて保育者の動きやその日の活動の環境や内容を考……

    食育【1歳児・2月】

    • 食器に手を添えて食べることを知らせる。
    • 節分を通して豆に興味をもち、食べてみようという気持ちがもてるようにする。
    • 苦手なものが食べられたときは「○○ちゃん食べられたね」とほめたり、拍手したりして、同じテーブルの友だちと喜び合い、楽しく食べられるようにす……

      内容【1歳児・2月】

      • 体調に配慮されながら、健康に過ごす。
      • 保育者や友達と一緒に、簡単なルールのある遊び(しっぽとり、ひっこしおになど)を楽しむ。【健康】【人間関係】
      • 手洗い、着脱、排泄、片付けなど、興味を示している身の回りのことを、自分から進んでやってみようとする。【健康……

        評価・反省【1歳児・2月】

        • 身の回りのことについて、個々がどのようなことに興味や意欲をもっているのかを把握した上で言葉をかけたり、投げかけたりした。その結果、それぞれの気持ちを大切にして進めていくことができた。意欲的になれることや今はあまり興味がないことは時期によって違うと思うので、無理強いせず対応したい。保育者の援助【1歳児・2月】
          • 鼻水に気づかないで遊んでいる子には、「鼻が出てるからふこうね」と声をかけてからふくようにし、急にふくことのないようにする。
          • ルールのある遊びでは、きまりを守ることにとらわれすぎず、友達とのやりとりが楽しめるように保育者も一緒に遊ぶ。
          • 自分でやってみよう……

            予想される子どもの姿【1歳児・2月】

            • 鼻水が出ている子が多いが、体調を崩す子は少なく、健康に過ごす。
            • 友だちと一緒にしっぽ取りをするが、しっぽを取られると泣いてしまう。
            • 衣類の着脱がうまくできずに服を投げ出したり、かんしゃくを起こすことがある。
            • 思いどおりにならないと、物を……

              安全・健康【1歳児・2月】

              • 衣服の調節や室内の湿度・温度に配慮することで、寒い時期も心地よく過ごせるようにする。
              • 手洗いをしっかりと行い、感染予防をしていく。
              • 室内の気温・湿度、換気に十分に気をつけ、快適に過ごせるように配慮する。
              • 施設内の消毒をこまめに行い、感染……

                安全対策・事故防止【1歳児・2月】

                • 衣服の調節や室内の湿度・温度に配慮することで、寒い時期も心地よく過ごせるようにする。

                家庭との連携【1歳児・2月】

                • 「自分で」という場面が多くなる時期なので、大人が手を出さずに温かく見守ることの大切さを伝え、家庭と連携をとれるようにする。
                • インフルエンザや風邪が流行しやすい時期のため、保護者と体調の変化を伝え合ったり、症状を知らせたりして、早めの対応を心がけるようにする。
                • …… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました