【5歳児】2月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

就学が近づいてきました。小学校に送付する資料の作成は、子どもの成長が伝わる適切な言葉で記載しましょう。さまざまな行事を経験し、それを楽しむだけでなく知識として蓄えてきたかということについて、振り返ることが大切です。

内容【5歳児・2月】

  • うがい・手洗いなどをみずから進んで行い、健康に過ごそうとする。
  • 雪や氷、つらら、霜柱などを取り入れて、友だちと冬ならではの遊びを楽しむ。【健康】【人間関係】【環境】【表現】
  • 自分に自信をもち、友だちを思いやったり、年下の子どもへの配慮をしながら、生活や……

    備考【5歳児・2月】

    • 思ったようにできないと、途中であきらめ取り組むことができない。はげましたりほめたりしながら最後まで取り組めるようにする。
    • 就学が近くになるにつれ気持ちが大きくなり、落ち着かない行動が見られる。よいこと、悪いことを伝えながら、自分で考え判断できるようにする。
    • <……

      評価・反省【5歳児・2月】

      • 園生活も残り少なくなり、子どもたちもM小学校への訪問などをとおし、就学への期待も高まってきているが、不安そうな子もいるのでしっかり受け止めて安心できるようにしていきたい。友だち同士のつながりも深まり、気の合う友だち同士で協力し、意見を出し合い遊びを進めていく姿が見られた。
      • <……

        保育者の援助【5歳児・2月】

        • 体調が悪そうなときは、優しく問いかけをし、子どもが安心して状態を話せるようにする。
        • 子ども同士の関わりや、個々の心の動きを見守りながら、必要に応じて介入する。また、状況に応じて環境を見直し整えていく。
        • 一日の生活の流れの見通しを持ち、身の回りのことを一……

          予想される子どもの姿【5歳児・2月】

          • 自分で体調の変化に気が付き、保育者に伝える。
          • 雪や霜柱などを見つけると、友だちに教えあって一緒に遊ぶ。
          • 友だちとの関わりを大切にし、優しく教えてあげようとする姿が見られる。
          • 不安から、活動に積極的になれない姿がある。
          • 時……

            職員との連携【5歳児・2月】

            • 子どもの育ちについて細かく話し合い、保育要録の作成につなげる。
            • 感染症防止のため、子どもへのうがいや手洗いの伝え方の認識を改めて確認し、徹底する。
            • 小学校の公開授業の様子を伝え、情報を共有する。
            • 豆まき、造形展、フェスティバルに向けて、……

              養護・内容【5歳児・2月】

              • うがい・手洗いなどをみずから進んで行い、健康に過ごそうとする。
              • 就学への期待や不安を受け止められ、安心して過ごす。
              • 健康状態を把握し、異常がある場合は自分から伝える。

              食育【5歳児・2月】

              • 挨拶やマナー、食べる量などを意識して、感謝しながら食事を楽しむ。
              • 豆まきを通して、日本古来の風習や食文化について考える。
              • 就学に向け、食事マナーや食べるときの姿勢、時間にも気を配る。
              • 食器の置き方、箸やスプーンの使い方など、絵カードを見……

                養護・環境配慮【5歳児・2月】

                • 体調が悪そうなときは、優しく問いかけをし、子どもが安心して状態を話せるようにする。
                • 就学に対して不安をもつ子もいるので、安心できる雰囲気をつくったり、小学校の楽しい話をする場を設けたりして、期待をもてるようにする。
                • 室内外の温度差や換気に気を付け、環境……

                  地域との連携【5歳児・2月】

                  • 公園で、同年齢の子や他園の子と一緒に遊ぶ。
                  • 行事などを通して交流を深めていく。
                  • 地域で出会う人に自ら積極的に挨拶する。
                  • 豆まき行事開催について、掲示板や園だよりで知らせる。
                  次のページへ
タイトルとURLをコピーしました