【1歳児】1月の月案文例や書き方(ねらいや環境など)

記入のポイント

低月齢は、休み明けには、生活リズムの乱れや疲れから、不安定なようすを見せる子どもがいます。気持ちを受け止めて落ち着いた状態を取り戻し、元気に遊ぶことができるようにしましょう。戸外では冬の寒さを感じながら体を動かし、室内では好きな遊びを選び、楽しみます。高月齢は、季節の風物詩や地域の伝承遊びをたっぷり取り入れましょう。年末年始の過ごし方によっては、疲れ気味だったり生活リズムが乱れている子どもが見られます。甘えやぐずりが目立つ子どもも、ゆっくりと園生活のペースを取り戻せるように配慮しましょう
タイトルとURLをコピーしました