【1歳児】7月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢児は、食事や排泄、着替えに少しずつ興味をもち、自分でやってみようとするようすがよく見られるようになっています。体力もつき、活動的になってきたぶん、転んだりけがをしたりする危険も増えます。常に目配りを欠かさないよう留意しましょう。 高月齢児は、自分なりに遊びを工夫したり、友だちと遊びを共有できるようになってきます。水遊びは、遊びを発展させるよい機会ですが、水を怖がる子には無理なく遊べるように留意しましょう。気温が高くなるので戸外での遊びに夢中になり熱中症にならないよう、目配りをすることも重要です。

環境構成【1歳児・7月】

  • 子どもの試したいという気持ちを受け止め、感じたことや気づいたことに共感し、言葉にして伝えていく。
  • 眠るときの癖などを把握し、一人ひとりに合わせた十分な睡眠や休息がとれるようにする。
  • いつでも体を休められるスペースをつくる。
  • ズボンをはき……

    環境配慮【1歳児・7月】

    • 子どもの試したいという気持ちを受け止め、感じたことや気づいたことに共感し、言葉にして伝えていく。
    • 水や泥遊びは経験や好き嫌いに個人差があるので、無理強いせず徐々に親しめるようにする。遊びの時間も個々に合わせる。
    • 保育者が見本となるように、ゆっくり・はっ……

      現時点での子どもの姿【1歳児・7月】

      • 初めは不安な表情を浮かべていた水遊びも徐々に進んで参加するようになる。
      • 「自分でする」と言い、援助を嫌がるがうまくできず、途中で遊び出したり怒ったりする。
      • 友だちの遊んでいるものが気になり、手を出してしまって引っ掻きや噛み付きがおこることもあった。行事予定【1歳児・7月】
        • 七夕
        • プール遊び

        職員との連携【1歳児・7月】

        • シャワー・水遊びがスムーズに行えるように手順や役割を話し合い、常に確認し合う。
        • 水遊びのできる子とできない子を把握して、遊びの内容や役割分担を話し合う。
        • 水遊びや泥遊びは、初めて経験する子も多いので、職員間の連携をとりながら、一人ひとりの様子に合わせて……

          食育【1歳児・7月】

          • スープにご飯をまぜてしまったり、嫌いなものを口から出すなどの姿が見られたら、家庭での様子も聞き、個別に対応を考える。
          • スプーンやフォークを使うことに慣れ、自分で使って食べたりする。
          • 自分で食べようという気持ちが持てるように、楽しい雰囲気をつくる。内容【1歳児・7月】
            • 信頼できる保育者に寄り添ってもらい、共感してもらいながら、安心して生活する。
            • シャワーや沐浴で水に親しんでいく。【健康】【環境】
            • 汗をかく時期なので、衛生面に配慮されながら、快適に過ごす。
            • 水、泥、絵の具の感触に触れ、保育者や友だちと楽……

              養護・予想される子どもの姿【1歳児・7月】

              • 気温の変化で体調を崩す子は数名いるが、長期に休むことなく元気に登園する。
              • 水遊びにつかれ、昼食の途中で眠くなる子がいる。

              評価・反省【1歳児・7月】

              • 蒸し暑い日が続いたため、毎日シャワーを行うことで快適に過ごせるように心がけた。
              • 暑い日が続いたが、日陰で過ごしたり室内の通気やクーラーをうまく利用したりしたことで、体調を崩さずに、元気に過ごすことができた。
              • 発熱する子が数名いた。長引かずに登園できたが……

                教育・内容【1歳児・7月】

                • シャワーや沐浴で水に親しんでいく。【健康】【環境】
                • 水、泥、絵の具の感触に触れ、保育者や友だちと楽しむ。【人間関係】【環境】【表現】
                • 一日生活していく中で簡単な言葉や身振りで気持ちを伝えようとする。【人間関係】【言葉】
                • 保育者と一緒に「…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました