【0歳児】6月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢は、気温と湿度が高くなる日が増えるため、室温や衣服の調節をして快適に過ごせる環境づくりをします。感染症が流行する時期でもあるので、おむつをこまめに替えて清潔を保つほか、ささいな体調の変化にも気がつけるようにしましょう。 高月齢は、少しずつ園での生活に慣れてきて、探索行動が活発になり、体を動かすことが楽しくなってくる時期です。一方で、生理的な欲求や不安から泣いてしまうこともまだまだ多くあるため、応答的に関わり、安心して過ごせるような環境づくりをしていくことが必要です。

長時間保育の配慮【0歳児・6月】

  • 保護者への伝達事項は、伝え漏れの無いように引き継ぐ。
  • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
  • 延長の保育者に事前に保育に入ってもらい、慣れていくようにする。
  • 夕方に眠くなる子どもの為に、ゆっくり眠れる環……

    評価【0歳児・6月】

    • 梅雨期で気温や湿度が高く、衣服を調節し、扉を開放して保育室や廊下にコーナーをつくって遊んだことで、子どもたち一人一人が落ち着いて遊べるようになった。
    • 今月中旬より風邪による欠席が目立ち、長期で休む子も見られた。来月も一人一人の様子に注意して体調の変化に気を付けるように……

      養護【0歳児・6月】

      • 保育者とスキンシップを図りながら、クラスの中に居場所をつくり、安心して生活する。
      • 保育者の温かい眼差しの中、園のリズムに慣れて楽しく生活する。
      • 生理的欲求を満たし、保育者の愛情豊かな受容により気持ちのよい生活ができるようにする。
      • 食事を……

        安全対策・事故防止【0歳児・6月】

        • 視診や触診をこまめに行い、体調の変化に注意して見ていく。
        • 室内に危険な場所等がないかを確認する。
        • 細菌やウイルスの感染を防ぐために、おもちゃの消毒に加え、壁や床も毎日消毒する。
        • おもちゃは、口に入る大きさのものがないか、破損したものがな……

          家庭との連携【0歳児・6月】

          • 動きやすい服装を用意してもらう。
          • 体調を崩しやすい時期なので、日中の様子や家庭での状態などをよく伝え合い、一人ひとりの体調を把握して変化を見逃さないようにする。
          • 汗をかいたらこまめに着替えられるように、多めの衣服やタオルの準備とともに、通気性や肌触りの……

            環境・衛生管理【0歳児・6月】

            • 湿度が高い日も多くなるので、玩具などの消毒をこまめに行う。
            • 感染症の多くなる時期なので体調の変化に留意する。
            • 梅雨期のため湿度が高くカビの発生なども考えられるので、保育室の衛生管理に気を付ける。
            • ジメジメとして蒸し暑くなるので、室内の温……

              現時点での子どもの姿【0歳児・6月】

              • 保育者に十分に甘え、情緒に落ち着きが見られる。
              • 少しずつ動きが活発になり、ずりばい、ハイハイ、伝い歩きをする姿が見られた。
              • 季節の花・生き物に興味を持っている
              • 少しずつ部屋の雰囲気や生活に慣れ、自我が出てくる。
              • 雨の日は……

                行事予定【0歳児・6月】

                • ぎょう虫検査
                • 保育参観(親子触れ合いデー)

                職員との連携【0歳児・6月】

                • 調理員と連携を図りながら一人一人の離乳食を進めていく。
                • 梅雨で室内遊びが多くなるので、場所の活用や体を使った遊びなどができる環境を話し合う(廊下やホールを使う、動と静のバランスがとれるよう少人数に分けての活動など)。
                • 梅雨期なので栄養士とも連携をとり、……

                  食育【0歳児・6月】

                  • 「ご飯にしようね」「エプロンをつけましょう」などと声をかけながら食事の準備を進め、生活に見通しがもてるように配慮する。
                  • 保育者が食べさせてあげる子、自分で食べたいという意欲が芽生えている子、フォークやスプーンを使用できる子など、発達に応じて分かれて食事を進める。次のページへ
タイトルとURLをコピーしました