【3歳児】6月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

梅雨期ならではの自然に出会う喜び、雨の恵みを感じられるように言葉がけをしていきましょう。また、盛夏にさきがけて汗を拭いたりシャワーを浴びたりする心地よさを実感し、自分で身のまわりのことをしようとする意欲に結びつけていきます。

職員との連携【3歳児・6月】

  • 適度な水分補給と、休息を十分に取れるように、保育者間で連携しながら配慮する。
  • 水遊びが始まるため、準備の手順などを確認し、スムーズに支度・片付けができるように話し合っておく。

食育【3歳児・6月】

  • 育てている野菜の生長を感じ、食に対して関心を引き出す。
  • 食べものが出てくる紙芝居や絵本を読み、どんな食品が体をつくっているのかを知らせる。
  • クッキングを通して作った物を食べる喜びを感じ、食べ物に興味を持つ。
  • 楽しい雰囲気の中で、正しい食……

    地域との連携【3歳児・6月】

    • 行事などを通して交流を深めていく。
    • 公園で、同年齢の子や他園の子と一緒に遊ぶ。
    • 散歩で地域の人と挨拶等をしてコミュニケーションを図る。

    長時間保育の配慮【3歳児・6月】

    • 保護者への伝達事項や、その日の子どもの様子を担当者へしっかりと伝え、伝え漏れがないようにする。
    • 暑さや水遊びにより、疲れやすい時期のため、ゆっくりと落ち着いて過ごせるようにする。
    • トイレへ促す時間や声かけなど排泄面での事を細かく伝えていく。
    • <……

      内容【3歳児・6月】

      • 雨の降り方や雨上がりの様子に興味をもち、梅雨期の自然や動植物に親しむ。【環境】
      • 保育者との信頼関係を深め、安定して過ごせるようにする。
      • 季節感のある歌を歌ったり、友だちとリズムに合わせて体を動かすことを喜ぶ。【人間関係】【表現】
      • 暑い、……

        評価・反省【3歳児・6月】

        • 「○ちゃん、一緒に遊ぼう」などと少しずつ、友達を誘って遊ぶ姿が見られる。まだまだ平行遊びであるが、友達の姿に目を向けられるような言葉をかけて見守り、人間関係を育んでいきたい。
        • 手洗い、うがいの仕方が少しずつ身に付く。子どもたち一人一人の姿を具体的にほめることで今後も自……

          保育者の援助【3歳児・6月】

          • 個々の健康状態をよく観察し、異常があった場合はすぐに対応する。
          • 保育者との触れ合いを多く持ち、落ち着いて過ごせるようにする。
          • したいこと、してほしいことなどの要求を言葉で伝えられるようになってきているので、その要求を見逃さないよう目を配る。
          • <……

            予想される子どもの姿【3歳児・6月】

            • 着脱の際、「やって」と甘えたり、自分で着ようとしたりするが、うまくいかずに怒る。
            • 眠い時や体調が悪いときには特に、泣いたり怒ったり、抱っこを求めたりする。
            • 友達に「貸して」と言うが「だめよ」と返され、怒ったり泣いたりする。
            • 保育者に「手……

              環境・衛生管理【3歳児・6月】

              • 梅雨時は食中毒が発生しやすい時期なので、園内の衛生管理や、職員が率先して手洗い、うがいをするなど、清潔な環境づくりを徹底する。
              • 食中毒が発生しやすい時期なので、手洗いや消毒を徹底をする。

              環境構成【3歳児・6月】

              • 園庭の遊具で遊ぶ際は、雨上がりの後の水滴をふき取ることができるように、ぞうきんを準備しておく。
              • 季節に合った曲やリズム遊びなどを十分に用意しておく。
              • 身の回りのことを子どもが一人で行っているときにも、目を配れるような環境を設定する。
              • 知…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました