【0歳児】3月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢児は、他児に興味が出てくることでもののやりとりを楽しむ一方、玩具の取り合いから声を上げて訴えることも増えるため、関わり方を伝えていくことが大事です。また、4月から1歳児クラスへ移行することを踏まえ、新しい環境に対する不安をしっかりと受け止めつつ、慣れていけるように配慮します。 高月齢児は、言葉の理解がすすみ、要求や気持ちを簡単な言葉で伝えることができるようになってくるため、子どもの気持ちを受け止めて応答的に関わっていくことが大切です。また、4月から1歳児クラスへ移行することを踏まえ、新しい環境に対する不安を受け止めつつ、慣れていけるように配慮します。

養護【0歳児・3月】

  • 見守られているという安心感の中で、自分の思いを表現する。
  • 新入園児、在園児が共に安定して過ごせるようにする。
  • 信頼出来る保育者に自分の思いを受け止めてもらい、安心感をもって生活できるよう関わっていく。
  • かんしゃく、反抗、自己主張等が出て……

    長時間保育の配慮【0歳児・3月】

    • 進級に向けた連絡など、保護者への伝達事項は、伝え漏れの無いように引き継ぐ。
    • 保育時間が長くなる為、疲れが出ないよう落ち着いて過ごせる環境作りをする。
    • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
    • 異年齢との保……

      評価【0歳児・3月】

      • インフルエンザにかかる子もいたが、他児にうつることはなかった。室内の温度や湿度調節を行い、感染予防に努めることができた。
      • 途中入園児がいたが、一人一人に応じて慣らし保育を行い、保護者と連携を図りながら、無理なく園生活や保育者に慣れることができた。
      • 進級……

        健やかに伸び伸びと育つ・内容【0歳児・3月】

        • 他のクラスの子や先生とも交流を深め、新学期からも共に安定して過ごせるようにする。
        • 声かけにより、食べ始めるのが以前より早くなり、スムーズに食事が進むようになる。
        • お散歩先まで保育者と一緒に手繋ぎ歩きをしたり、緩やかな坂道などで身体を十分に動かすことを楽……

          身近なものと関わり感性が育つ・内容【0歳児・3月】

          • 暖かい日には戸外へ出て、木の芽や花のつぼみなど、春の自然を見たり触れたりする。
          • 乳児用の絵本や絵カードを見て、経験と結びつけ、指さしなどをして楽しむ。【もの】
          • 保育者と一緒に絵本などを見て、イメージの世界を味わう。【もの】
          • 保育者と一緒……

            健やかに伸び伸びと育つ・環境配慮【0歳児・3月】

            • 落ち着いた雰囲気の中でおいしく食事ができるように、月齢別に分けて食事の部屋を区切る。
            • 各月齢に応じ、安全で十分な活動スペースを確保する。
            • 環境を区切るなど、一人一人が落ち着ける雰囲気をつくる。
            • 清潔感あふれる環境を整えるよう心がける。<……

              ねらい【0歳児・3月】

              • 保育者や友だちと一緒に新しい環境に慣れて進級に備える。
              • 保育者との関わりの中で模倣をしたり、手先や体を使って遊ぶことを楽しむ。
              • 季節の変化を感じたり、春の自然を見つけたりしながらお散歩や戸外遊びを楽しむ。
              • 指差し、身振り、二語文などで自……

                安全・健康【0歳児・3月】

                • 気温や活動内容、子どもの体調に応じて、暖房を使用して室内の温度を調節し、衣服の調節も行う。
                • 感染症予防には引き続き留意し、玩具の消毒など衛生面に気をつける。
                • 保育室内の玩具、机、椅子などを含め、環境を常に清潔に保ち、感染症の予防に努める。
                • 安全対策・事故防止【0歳児・3月】
                  • 走ったり登ったりという動きが出てくるので、転倒・転落のないよう十分注意していく。
                  • 歩き始めたばかりの子どもは、室内や戸外で急に転倒することがあるので、周辺に危険がないように気をつける。

                  家庭との連携【0歳児・3月】

                  • 1年間でできるようになったことや、友達と遊んでいる様子を伝え、成長を喜び合う。
                  • 思い通りにいかなかったときのかみつきやひっかきを未然に防ぐために、環境設定に配慮していることを伝え、保護者が不安にならないようにする。
                  • 進級の時は、職員同士が連携し、しっか…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました