【4歳児】5月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

新しい環境に慣れ、過ごしやすい気候のなかで子どもたちは日々活発になっていきます。さまざまな経験をしながら、子ども自身の「やってみたい」という気持ちを大切にして、個々の工夫や表現を見守っていきましょう。

行事予定【4歳児・5月】

  • こどもの日
  • 保護者会
  • 健康診断

職員との連携【4歳児・5月】

  • 一人ひとりの子どもの様子や、保護者からの連絡事項を伝え合い、情報を共有する。
  • 園庭や戸外活動の際の危険防止策や行動ルールを再確認する。
  • 保護者が安心して預けられるよう、伝達漏れを無くしスタッフ間の連携がうまくいくよう(口頭、ボード利用)にしていく。食育【4歳児・5月】
    • こどもの日には、柏もちやちまきなどを食べる習慣や意味について知らせ、食への興味を持たせる。
    • 箸の持ち方の絵を貼り、真似をして使う。
    • 箸の扱いには十分に注意し、振り回したり、友達に向けたりしてはいけないことを知らせる。
    • 食事準備、食事中、……

      地域との連携【4歳児・5月】

      • 近所の方に自らあいさつをし、関わろうとする。
      • 公園で、同年齢の子や他園の子と一緒に遊ぶ。
      • 行事などを通して交流を深めていく。

      長時間保育の配慮【4歳児・5月】

      • 保護者への伝達事項や、その日の子どもの様子を担当者へしっかりと伝え、伝え漏れがないようにする。
      • 週末は特に持ち帰りのものを忘れないように伝える。
      • 異年齢児が集まる為、全体をよく見て怪我に留意する。
      • 体調に留意し、ゆっくり過ごせるようにす……

        内容【4歳児・5月】

        • 新しい環境や保育者への緊張感が薄れ、友だち・保育者と安心して過ごす。
        • 食前の手洗い、食後の歯みがき、衣服の着脱を自分でしようとする。【健康】
        • 戸外で虫捕り、基地作り、色水遊び、レストランごっこなど、好きな遊びを見つけて積極的に楽しむ。【健康】【人間関係……

          備考【4歳児・5月】

          • ルールがわからず友だちの持っているおもちゃを取ってしまう。その都度くり返しルールを知らせる。
          • 自分の思いをうまく相手に伝えられず泣いてしまうことが多いので、D児の気持ちを相手に代弁し、ゆっくりと話せるようにする。
          • 朝の受け入れ時に保護者と離れられず、活……

            評価・反省【4歳児・5月】

            • 5月は保育者にも慣れ、自由にしてしまいがちな子ども姿が多く見られた。散歩に行く際や、トイレに行く際の約束を伝えるが、保育者が見ていないところで約束を守れていない子どもが多かった。約束を守ることは大切なことだということを伝えていく。また椅子の座り方は少しずつ良くなってきているので引き続……

              保育者の援助【4歳児・5月】

              • うまくいかず試行錯誤することも大切にし、新しいものを作り出す喜びや難しさを一緒に味わっていく。
              • 人の話をしっかり聞くこと、話している人の顔を見て聞くことの大切さを知らせる。
              • 絵本で体と食べものの関係を知らせ、苦手なものでも少しずつ食べようとすることを援……

                予想される子どもの姿【4歳児・5月】

                • 自分でできることは自分でしようとする。
                • 新しい生活に慣れ、見通しをもってゆったりと落ち着いた雰囲気の中で、保育者や友だちと遊んだり、生活している様子が見られる。
                • 色々な素材や道具を使い、工夫して遊びに取り入れる姿がある。
                • 自分の思いや要…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました