【5歳児】5月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

連休前に身についた生活リズムが、連休中に崩れやすくなります。保護者にも協力してもらい、少しずつリズムを取り戻していきましょう。連休中の出来事や健康状態について保護者に確認し、体調の変化を見逃さないよう見守っていくことが必要です。

環境構成【5歳児・5月】

  • シャベル、軍手などを多めに用意し、みんなが苗を植える楽しさを味わえるようにする。
  • 図鑑で調べたり、長さや大きさや重さを計ったり、比べたりして、数などへの関心を深めることができるような教材を用意する。
  • 園庭や、地域の自然の中で十分に体を動かすことができる……

    環境配慮【5歳児・5月】

    • 好きな遊びの場面の振り返りや話し合いをする機会を設ける。
    • シャベル、軍手などを多めに用意し、みんなが苗を植える楽しさを味わえるようにする。
    • リズムに合わせて、保育者も一緒に歌ったり踊ったりし、みんなでする楽しさや心地よさを伝える。
    • 図鑑……

      現時点での子どもの姿【5歳児・5月】

      • 新しい環境に慣れ、自分のクラスを居心地のよい場所と感じ、クラスの友だちと安心して過ごす姿が見られる。
      • 身近な自然や事象に興味を示し、遊びに取り入れる。
      • 絵本や童話に親しみ、イメージを膨らませて楽しむ。
      • 5歳児としての自覚をもち、自ら生活……

        行事予定【5歳児・5月】

        • こどもの日
        • 健康診断

        小学校との連携【5歳児・5月】

        • 小学校教職員と情報交換をしながら、交流会などの相談を行う。
        • 入学して一か月の卒園児の姿を小学校教職員より聞くなど、情報交換をする。

        職員との連携【5歳児・5月】

        • 園庭や戸外活動の際の危険防止策や行動ルールを再確認する。
        • 夏野菜の生育方法や植える場所など、保育者同士で認識をそろえる。
        • 5歳児としての活動内容や園外保育の役割分担について話し合い、共通理解しておく。
        • こどもの日の集会の内容を打ち合わせ……

          食育【5歳児・5月】

          • こどもの日の話をして、柏もちやちまきなどを食べる習慣や意味について知らせ、食への興味が持てるようにする。
          • 野菜の苗を植え、世話をしながら生長の様子を観察する。
          • 給食で出たとれたての野菜をしっかりかむように促し、コリコリ感やホクホク感を味わえるようにする……

            地域との連携【5歳児・5月】

            • 公園で、同年齢の子や他園の子と一緒に遊ぶ。
            • 行事などを通して交流を深めていく。
            • 地域で出会う人に自ら積極的に挨拶する。

            長時間保育の配慮【5歳児・5月】

            • 保護者への伝達事項や、その日の子どもの様子を担当者へしっかりと伝え、伝え漏れがないようにする。
            • 週末は特に持ち帰りのものを忘れないように伝える。
            • 異年齢児が集まる為、全体をよく見て怪我に留意する。
            • 体調に留意し、ゆっくり過ごせるようにす……

              内容【5歳児・5月】

              • 自分たちで遊びに誘い合ったり、ルールを伝え合ったりしながら遊ぶ楽しさを感じ、お互いの関わりを深めていく。【健康】【人間関係】【言葉】
              • 生活の中での細かなところ(うがい・手洗い、朝の支度、着替えを畳んでしまう、など)を自ら行うことで、気持ちよく生活する。
              • 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました