【0歳児】10月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

低月齢は、気温の変化が激しく、鼻水の出る子や軟便になる子が出てくることが予想されます。子ども一人ひとりを視診し、検温や衣服の調節で快適に過ごせるようにしましょう。また、運動機能が発達し、つかまり立ちをする子が増えますが、倒れこんでけがをしないように気をつけて見守りましょう。高月齢は、季節が変わり、過ごしやすい日が多くなります。園庭に出たり、園近くの公園に出かけたりして自然に接する機会を増やしましょう。一方で、寒暖差が激しくなる時期でもあるので、体調を崩す子どもが出ないように、視診や検温をこまめに行い対応していくことが大切です。

地域との連携【0歳児・10月】

  • 散歩などで地域の方に積極的に挨拶する。

長時間保育の配慮【0歳児・10月】

  • 保護者への伝達事項は、伝え漏れの無いように引き継ぐ。
  • 利用する子の好きな絵本や玩具を持ち込み、安心して過ごせるように配慮する。
  • 保育時間が長くなる為、疲れが出ないよう落ち着いて過ごせる環境作りをする。
  • 異年齢との保育になるので、安全に気……

    評価【0歳児・10月】

    • 来月は、新入園児が入るので、新入園児・在園児ともに安心・安定して生活できるように、保育者間で連携を図りたい。
    • 今月から新しい保育室になったこともあり、不安になる子どもがいると予想していたが、子どもたちはすぐに慣れ、自由に探索活動を楽しんだり、遊びを楽しんだりする姿が見……

      健やかに伸び伸びと育つ・内容【0歳児・10月】

      • 段差や坂などの、少し難しい場所にも積極的に行ってみる。
      • ずりばいやはいはい、歩行など、自分の能力に合った方法で探索活動を楽しむ。
      • ゆっくりモグモグとよく噛んで食べる。
      • 安心出来る保育者と一緒に食事をとることを楽しみ、つかみ食べや食具を使……

        養護【0歳児・10月】

        • 生活リズムを工夫し、活発に過ごすことで 心身共に健やかに過ごす
        • 保育者や友だちとのふれあいから、心地良い空間で安心して過ごすことで、心の安定を得る。
        • 思いを表現しようとする姿を見守ったり、代弁してするなど、子どもが感情を思い切り表せるようにする。身近なものと関わり感性が育つ・内容【0歳児・10月】
          • 様々な自然や音に気付き、指差しをたくさんし、保護者の言葉を聞いて言葉を獲得していく。
          • 音楽を聴いて身体を動かしたり、マットやボールで全身を使う遊びを楽しむ。
          • 手あそびや体操を真似して楽しむ。
          • 様々な素材に触れて、感触や音を楽しむ。健やかに伸び伸びと育つ・環境構成【0歳児・10月】
            • 行動範囲が広がっていくので、物につまずいて転倒したりしないよう危険物を取り除き、探索活動を楽しめる安全な環境をつくる。
            • 楽しく食べられるよう、食事時間に差をつけるなどして落ち着いた空間づくりをする。
            • 適度に窓を開けて新鮮な空気を取り込み、環境を整える。……

              健やかに伸び伸びと育つ・保育者の援助【0歳児・10月】

              • 少人数ずつ坂道や滑り台を使い、安全に遊べるように配慮する。
              • ごはんやおかずを残しがちな子には、初めから食事量を調節し、食べることができた喜びと達成感を味わえるように配慮する。
              • 「おいしいね」と言葉をかけながら、楽しくおいしく食事をとることができるように……

                ねらい【0歳児・10月】

                • 戸外で体を十分に動かして遊ぶ。
                • 保育者に甘えや欲求を受け止めてもらい、安心して自己主張をする。
                • 散歩や園庭遊びを通して秋の自然に触れながら様々な言葉を知る。
                • 手づかみやスプーンを使って意欲的に食べようとする。
                • 保育者との……

                  安全・健康【0歳児・10月】

                  • 安全のため、上着はフードやヒモがついていないものにする。
                  • 戸外から帰ってきた後の手洗いを丁寧に行う。
                  • 保育室を常に清潔に保つため、椅子、机、床、玩具を含む保育室全体をこまめに消毒し、感染の予防に努める。
                  • インフルエンザ等の感染症が流行し…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました