【3歳児】9月の月案の書き方や記入例

記入のポイント

運動会に向けた活動では競技だけでなく小道具をつくったり、友だちを応援したり、励ましあって挑戦しようとすることが大事なポイントになります。友だち同士で関わりながら、皆で運動会を楽しみにする気持ちを育てていきましょう。

行事予定【3歳児・9月】

  • 防災訓練
  • 敬老の日

職員との連携【3歳児・9月】

  • 戸外活動は、保育者で声を掛け合い、配置に配慮して安全を確認しながら行う。
  • 行事のスムーズな流れや、役割分担などを確認し合う。
  • 子どもの体調などを共有し、天候や気温、子どもの汗の様子に応じて、衣服の調節を行う。
  • 残暑のため疲れやすく、体調……

    食育【3歳児・9月】

    • 食器の置き方や片付けの手順など、できているところは認めながら、楽しく身に付けられるようにする。
    • 秋に旬を迎える果物や野菜の話をして、名前を知らせる。
    • 慣れない食べ物や苦手な食べ物にも挑戦する。
    • 食事の準備や片付けの仕方を知る。
    • ……

      地域との連携【3歳児・9月】

      • 行事などを通して交流を深めていく。
      • 公園で、同年齢の子や他園の子と一緒に遊ぶ。
      • 散歩で地域の人と挨拶等をしてコミュニケーションを図る。

      長時間保育の配慮【3歳児・9月】

      • 保護者への伝達事項や、その日の子どもの様子を担当者へしっかりと伝え、伝え漏れがないようにする。
      • 体調に留意し、ゆっくり過ごせるようにする。
      • トイレへ促す時間や声かけなど排泄面での事を細かく伝えていく。
      • 週末は特に持ち帰りのものを忘れない……

        内容【3歳児・9月】

        • 園での生活習慣を思い出し、自分でやろうとする。【健康】
        • 保育者や友達に気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりしながら安定して生活する。
        • ブロックや積み木、工作などでイメージを形にする事を楽しむ。【表現】
        • 夏の疲れや気温の変化に留意され……

          評価・反省【3歳児・9月】

          • 初めての運動会の経験となる子もおり、一つずつ楽しく意欲をもって取り組めるように活動を進めた。かけっこを楽しみにする中で、負けて悔しいという今までにない感情を抱く子もいた。悔しい気持ちに寄り添い、共感し、また次への意欲につながるように配慮しながら関わった。
          • 忍者になると……

            保育者の援助【3歳児・9月】

            • 自分でしようとする気持ちを受け止め、できたときは十分に認めながら、もう一歩のところは手本を見せながら伝えていく。
            • 甘えたい気持ちを受け止めていき、一緒に行いながら本人の自信につながるように関わる。
            • 共通の目標を皆で決め、そこへ向けてどう取り組んでいくか……

              ねらい【3歳児・9月】

              • 生活のリズムを再確認し、自分のことを自分でやろうとする。
              • 夏の疲れが出やすい時期なので、気温の変化に留意し、生活リズムを整えながら安定した生活ができるようにする。
              • 共通の遊びの中で、目標を持ったりお互いの思いや考えを共有し、気持ちを認めあいながら関わり……

                予想される子どもの姿【3歳児・9月】

                • 手洗いした後、ハンカチで手をふかないままで過ごすなど、身の回りのことの始末をしないことがある。
                • 自分でできることも「一人じゃできない、やって」と保育者に伝えにくる姿が見られる。
                • 「~するから見ててね!」と、できるようになったことに自信をもち、やって見せ…… 次のページへ
タイトルとURLをコピーしました