全国の残業少なめの保育士等求人・募集情報

965

「残業少なめ」の特徴

保育士は残業や持ち帰りの仕事が多いというイメージが浸透しています。実際サービス残業が常態化している園もあり、書類作成や壁面作成、行事の準備と日々仕事に追われている保育士は少なくありません。その背景には、慢性的な保育士不足、業務の膨大さ、仕事の進め方が保育士個人に任されておりシステム化されていない、などの現状があるようです。そういった業界で「残業少なめ」としている保育園は、保育士の業務負担を軽くするためのさまざまな工夫がなされています。保育士を十分に確保し勤務時間内に事務作業を済ませられたり、ICTの導入で業務の効率化をはかったり、行事を見直し製作作業そのものを減らしたり、保育士が長く働きやすい環境を整えているという見方ができるでしょう。

会員登録をして、自分にぴったりな保育施設を見つけよう!