【これから実習に参加するひとへ】保育実習はつらいの?うまくいく工夫は?

【これから実習に参加するひとへ】保育実習はつらいの?うまくいく工夫は?事前準備

保育実習はつらいと聞きますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

この記事を見ている方は、これから始まる実習に不安をかかえているのではないでしょうか。

実習前の不安を少しでも取り除けるよう、実習がつらいと感じる場面と、最後まで楽しく乗り切るコツを紹介します。

保育実習がつらいって本当?

保育士資格を取得するには、実習を避けては通れません。保育の仕事を実際に経験できる貴重な機会ですが、初めての環境で多くのことを求められるので、肉体的にも精神的にもつらいと感じてしまう場面は多くあります。

実習がつらくて、「資格なんていらないから今すぐ逃げ出したい」という思いに駆られて、実習を途中辞退してしまう人もなかにはいます。また、指導案の準備を実習前の準備期間に行うため、かなり忙しくなります。そのため、事前準備の段階で脱落してしまう人もいます。

日々の保育や書類の作成、保育士との人間関係、子どもや保護者とのかかわり方。失敗が重なり落ち込むこともあるでしょう。

失敗も経験のうちですが、それでもなるべくつらい思いはしたくないものです。事前に「何がつらいのか」、「どのように対策すればいいのか」を知っていれば、心に余裕ができるかもしれません。

まずは、実習中につらいと感じる場面について紹介します。

保育実習をつらいと感じる場面とは

つらいと感じる場面は、人によってまちまちですが、主に挙げられるのは以下の3つです。

1.日誌や指導案が書けない、書くのに時間がかかる

2.子どもとコミュニケーションのとり方がわからない

3.実習生としての動きがわからない

日誌や指導案が書けない

書類の提出期限は、基本的に翌朝です。

その日の出来事と、次の日の活動を毎日書きます。一日の活動を詳細に覚えておくのは難しいので、実習中はメモが手放せません。しかし、自分自身が保育に参加するようになると、メモを取る余裕がなくなります。

メモがうまく取れなかったために日誌が書けない、なんとか徹夜で作成しても書き直しの指示をうける……書類作成は、多くの実習生を悩ませます。

また、実習先の園によっては修正ペンの使用を禁止していたり、実習日誌の書き方が細かく決められていたりすることもあり、書式に慣れるだけでも苦労します。

日誌には、その日にあったエピソードと考察を書かなくてはなりません。その際に、子どもの名前を日誌に書いていいのか、イニシャルで記載すべきなのか、そういった決まりごとを事前に確認しておくことで、日誌のやり直しリスクを減らすことができます。

実習前のオリエンテーションで、日誌や指導案をもらえるので、書き方のルールなどは事前に確認するようにしましょう。

子どもとかかわり方がわからない

どんな言葉がけをしてコミュニケーションを取ろうか悩んだり、なついてくれていたのに急に無視されたり、実習生が子どもの遊びにどこまで加わっていいのかわからなかったり、初めての実習では、子どもとの接し方に困る場面が多くあります。

模擬保育との違いを身をもって体験してしまうことで、つらいと感じることも多いでしょう。

信頼関係がまだ出来ていない子どもとコミュニケーションをとるときは、とにかく元気と笑顔が大切です。

元気に笑顔で遊びに誘えば、ほとんどの子どもは「実習生大好き!」となってくれます。手遊びや絵本の読み聞かせなど、得意な保育技術を披露するのも、子どもと距離を縮める助けになります。

また、手遊びやピアノ、絵本準備のほかに、事前に各年齢事の発達状況について復習しておくことで、上手に子どもとコミュニケーションをとる大きな助けになりますよ。

実習生としての動きがわからない

保育士さんの手助けをしたらよいのか、子どもの相手をしたらよいのか、判断できない場面があります。

メモを取っているときに「保育に入って!」と注意されたり、手伝おうとして声をかけたら「今忙しいから後で!」と言われたりすると、混乱するでしょう。

基本的に、子どもとのかかわりの中で判断に困る場面があれば、すぐに聞けそうな職員に尋ねた方がいいです(ケガや喧嘩の対応は特に)。ただし、急ぎでない用件に関しては反省会の時間に確認するようにしましょう。

メモをとるタイミングに関しては、オリエンテーションの段階で聞いておくのがベストです。

初歩的な疑問でも、タイミングを見計らったうえで確認し、次に生かすことが大切です。

保育実習がうまくいく工夫

不安を取り除き、少しでも実習がうまくいくように、出来ることは事前にやっておきましょう。

必要なことは以下の4つです。

• メモのとり方を工夫をする

• 保育技術の準備

• 反省会で疑問を解消する

• ピアノの練習

なお、準備のスタート時期については、実習前オリエンテーション(実習の2週間〜1ヶ月前)の前後を目安に始めるとよいでしょう。

メモのとり方を工夫をする

オリエンテーションで日誌や書類などを手に入れたら、どんな項目があるのか実習前に目を通しておきましょう。

書く項目がわかっていれば、ポイントを押さえてメモをとれるので、いざ書類を作成するときに「何を書けばいいかわからない」という悩みが少なくなります。

たとえば、日誌では「子どもの活動」、「保育者や実習生の動き」を時系列で書くことが多いので、あらかじめメモ帳に「時間」、「子どもの活動」、「保育者の動き」、「自分の動きと感想」の4つのスペースを区切っておきます。区切りごとにメモをとれば、素早く書けるうえに、不足事項もなくなります。また、一日の流れを予めメモ帳に書いておくと、その場でささっとメモをとる際に便利なので、おすすめです。

自分自身が保育に参加するようになると、メモを取る余裕がなくなってきます。その際に、こうした素早くメモをとる工夫をしておくと、役に立ちます。

保育技術を実習前に準備しておく

保育技術の準備が、子どもとのかかわりの助けになります。

実習中は、読み聞かせの機会が多くあるので、絵本や紙芝居を用意しておくと、部分実習や責任実習の際にも活躍します。

子どもは、手遊びも好きです。保育士から「やってみる?」と突然お願いされる場面もあります。長いものや短いものなど、いくつか覚えておくといいでしょう。

簡単なマジックやペープサート、パネルシアターなども子どもに好評です。自己紹介の際にも活用できますよ。ただし、オリジナルのおもちゃを用意する場合は、キャラクター物を使用してもいいのか、ほかに注意すべきことがあるのかなど、必ず主任や担任の先生、保育士に確認てから準備しましょう。

準備のポイントは、子どもの年齢や実習の季節に合ったものを用意することです。乳児向けの絵本を幼児に読み聞かせても、いい反応は得られないですよね。「これくらいならいけるかな?」とざっくばらんに考えず、発達に合ったものを選びましょう。

子どもの発達を復習したい場合は、「保育所保育指針」や大学で利用した教科書などを見返してみるとよいです。

反省会で疑問を解消する

実習が始まれば、さまざまな疑問がわいてきます。実習生としての動き方や、子どもとのかかわり方など、自分で考えても答えがでないことは多いです。

その際は、一日の終わりに設けられた反省会で疑問を解消しましょう。

反省会では、実習生の疑問や質問に対して、担当保育士や園長先生が答えてくれます。保育士から見た実習生の良かった点や、改善点などのアドバイスももらえます。

実習中に忙しくて聞きそびれてしまったことがあったら、恥ずかしがらずに素直な気持ちで聞いてみてください。不安が解消され、気持ちが前向きになりますよ。また、積極的な質問は、保育士からの好感度アップにも繋がり実習評価がよくなります。積極的に質問するようにしましょう。

ピアノの練習をする

オリエンテーションの際に、ピアノ演奏の有無を確認しておきましょう。保育園では、園によって演奏をお願いされることもあります。その際に、自分の伴奏のレベルを恥ずかしがらず素直に伝えておくと、あとあと難しい演奏をお願いされなくて済むこともあるので、事前に保育士に伝えるようにしましょう。

ピアノ演奏がある園であれば、楽譜を先にもらって練習しておきましょう。朝や帰り、季節の歌など、その園お決まりの曲があるはずだからです。宗教系の幼稚園や保育園の場合、賛美歌の伴奏を頼まれることも多いです、園でよく歌う曲のリサーチはしっかりしておきましょう。

忙しい実習中に、ピアノの練習をすることは負担が大きいです。苦手な人ならなおさらですよね。直前で慌てないためにも、事前にコツコツ練習しておくとよいです。

保育実習にはうれしいこともある!

つらいことが多いと思われがちな実習ですが、実習だからこそ得られる嬉しいことや楽しいこともあります。

 ここでは、実習で得られる3つのうれしいことを紹介します。

子どもは可愛いと実感

最初は距離があった園児とも、時間をかけるなかで徐々に距離が縮まっていきます。少しづつ信頼関係が結べてきたのを実感できる瞬間は、やりがいと同時に、子どもが可愛くて仕方ないという気持ちで満たされます!

 実習中は、「自分は保育士に向いていないかも」と落ち込む日もありますが、子どもと遊んでいると悩みを忘れるくらい、可愛さを感じることができます。

どんなに実習がつらくても、最終日には子どもとお別れする寂しさでいっぱいになるものです。

就職や子どもの園選びに生かせる

「実習先ではこうだったな」と比べる対象があると、就職先の園や、自分の子どもを預ける園を選ぶときに役立ちます。

「保育士同士の仲が良さそうで連携がとれていそうだな」、「先生が楽しそうに子どもと接しているから安心して預けられるな」など、実際に働いたからこそ見えてくるポイントがあります。

子どもの姿、保育士の動き、園の雰囲気は実習を経験しないとわかりません。実習で見たことや学んだことは、社会人になっても役に立つ貴重な機会なのです。

先輩保育士のいいところをじっくり学べる

実習は、ネタをたくさん蓄えられるチャンスです。手遊びや制作物のレパーリー、絵本の読み方など、保育士によってやり方はみんな違います。また、子供に説明するときのコツや注意の声かけなども、よく見ておくと次の実習でとても役立ちます。

就職するとすぐに保育が始まるので、他の先生の保育を観察できる機会は少なくなります。

実習中に出会った保育士のいいところはどんどん盗んで、自分のものにしておきましょう。

保育実習はつらいけど乗り越えると自信になる

保育実習をつらいと感じる実習生は多くいますが、乗り越えると大きな自信になります。この先、社会に出て苦しいことがあっても、「実習であれだけ頑張れたから、今回もできる!」と奮起できます。

保育士になってもならなくても、経験したことは失われません。今しかできない貴重な体験をぜひ楽しんでくださいね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました