【部分実習・部分保育】指導案の書き方を徹底解説‼

【部分実習・部分保育】指導案の書き方書き方

保育実習では、最終日に近づくと「責任実習・全日実習」と呼ばれる、実習生が実際に子どもの前に立ち、1日活動を行う実習日が設けられています。
責任実習や全日実習をよりよい経験の場にするためにも、実習中に経験しておきたいのが『部分実習・部分保育(以下、部分実習)』です。
部分実習は、朝の会や帰りの会、主活動や絵本の読み聞かせなど、一日の保育の中のある一部分だけを実習するものです。
今回は部分実習を行うときのポイントや、指導案の書き方についてもご紹介したいと思います。

部分実習や責任実習で書く指導案とは

保育における指導案とは、保育所幼稚園などの教育目標をより具体的に示した、保育・教育の計画のことです。保育士はこどもの年齢や興味・関心、人間関係など、一人ひとりの発達や状況に合わせて指導案を立てていきます。

指導案にはねらいや目標が記載されており、そのねらいに沿って遊びや活動の内容が構成されていきます。また、その保育活動での子どもに対する保育士の配慮や環境構成、行動、声掛けなどが記載されています。
保育士はこの指導案に沿って保育を展開し、子どもの成長を援助します。

指導案の種類

保育園で働いている保育士は、日々指導案を作成し保育を行っております。
指導案の種類は、大きく分けて【長期指導計画【短期指導計画】の2つがあります。
この2つの指導案は厚生労働省が定める保育所保育指針を基に作成されています。

長期指導計画

保育士が主に作成する長期指導計画には2種類あります。
1つ目に、1年間の保育計画を立てる『年間指導計画
2つ目に、その年間指導計画をより具体化し月単位で保育計画を立てる『月案

【年間指導計画】
4月~翌年3月までの1年間における、保育園生活や保育活動の見通しを立てることを目的としています。年間指導計画では、子どもの成長を促す保育ができるように1年間の流れを意識しながら作成します。

月案】
年間指導計画をより具体化するために、月単位で保育園生活や保育活動の見通しを立てることを目的としています。前月末の子どもの様子や発達段階、季節などを踏まえながら、子ども一人ひとりの発達に合った保育士の援助について具体的に記載します。

短期指導計画

保育士が主に作成する短期指導計画には2種類あります。
1つ目に、月案をより具体化し週単位で保育計画を立てる『週案
2つ目に、その週案をより具体化し1日単位で保育計画を立てる『日案

【週案】
月案のねらいを達成するために、週単位でどのような活動に取り組むか見通しを立てることを目的としています。計画を立てるにあたり、前週の子どもの姿や興味・関心を踏まえて作成していきます。また、天気予報から天候や気温などを考慮し、活動内容を考えて作成します。

【日案】
週案で計画した内容を時系列で活動の準備や流れ、保育士の配慮など記載していきます。
複数人でクラス担任をしている場合は、保育士の動きやどの担当などか記載していることが多いです。また、保育をスムーズに行えるように、どのように活動を展開するのか、1日の子どものタイムスケジュールを見通して細かく立てています。

保育実習で作成する指導案はこの『日案』が大半です。

部分実習とは?

部分実習は、保育園の1日のなかで、朝の会や帰りの会、主活動といった一部分だけを、実習生が子どもたちの前に立って保育士として活動を行う実習のことです。
絵本の読み聞かせや導入の仕方などを学ぶことができるので、実際に現場に出たときにも役立つ経験になります。
また、責任実習の練習にもなるので、部分実習を複数回行っておくと責任実習に安心して臨むことができます。

部分実習をお願いする方法

責任実習はできるだけ実施してもらえるよう学校から保育園に案内していますが、部分実習は指定しない学校も多いようです。
そのため、実習生が自分から「やりたい」と申し出ない限り、行う機会が無いという場合もあります。部分実習を行わず、いきなり責任実習をお願いされる可能性もあるので、積極的に保育園の園長先生や実習担当の保育士に相談してみましょう。
部分実習をお願いする場合は、ある程度やりたいや、読み聞かせをしたい絵本などを決めておくとスムーズに実習日程が決まりやすいです。

【部分実習をお願いする文例】
「はらぺこあおむしの絵本を2歳児クラスで読みたいのですが、お時間を作っていただくことはできますか?」
「朝の会の部分実習をさせていただきたいのですが、3歳児のクラスで行うことはできますか?」
「手遊びを子どもの前で行いたいのですが、子どもに人気の手遊びはありますか?」
「帰りの会でピアノを弾かせていただけないでしょうか。」

というように、「なにを」「どこで」「いつ」やりたいのかを明確にしてから、部分実習を相談するといいですね。
部分実習ではピアノや子どもたちの前で手遊びをするなど苦手なことほど積極的に取り組むことで責任実習の際に役立ち、保育士としても成長できるはずです。

部分実習の指導案を書くときのポイント

1日の保育の一部分とはいえ、部分実習でも指導案を書くのは大切です。

日々の保育日誌もあり大変かもしれませんが、自分の糧になるものですので、丁寧に書きましょう。
部分実習の指導案の見本と、書くときのポイントをあわせてご紹介したいと思います。

保育実習での部分実習・部分保育の書き方

保育内容(活動)

何の活動を行うかは部分実習の一番重要な部分です。
例えば、「ももたろう」の長い絵本を0歳児クラスで読んでも、子どもたちは飽きてしまいますよね。
活動の内容は、年齢や子どもの様子、興味関心に合わせます。やりたいことがあるのであれば、「○○をやりたいのですが、何歳クラスで行うのがよいでしょうか?」と担当の保育士に助言を求めるとよいでしょう。

活動の中身については、最初は自分が話す言葉も「 」書きで書いておくと、シュミレーションしやすいのでおすすめです。

ねらい

活動のねらいはとても大切です。同じ絵本を読むという活動でも「子どもが静かに話を聞くことができるようにする」というねらいと「一緒に参加し、絵本を楽しむ」というねらいでは、読み聞かせる絵本の内容も変わってきます。
この活動で、子どもたちにどんなことを体験、経験してほしいのかを考え、ねらいをたてていきましょう。
最初は難しいと感じるかもしれませんが、子どもたちと実際に関わるなかで、ねらいが自然と見えてくることもあります。

環境構成

活動を行う上で、環境構成は大切な要因の一つです。
絵本を読むというだけでも、

  • ・子どもが床に座って、保育士が椅子に座って読む
  • ・子どもも保育士も床に座って読む
  • ・子どもは椅子に座り、保育士は立って読む
  • ・子どもは好きなところに自由に座る など

これ以外にもたくさんの環境設定があげられます。

乳児クラスであれば、まだ集中できず出歩いてしまう可能性もあるので、子どもを壁沿いや床に描かれた線やマークの上に誘導し、保育士は椅子に座って読むということが多いです。乳児の子どもはまだ背が低いため、保育士も床に座って読んでも、後ろの子までしっかり目が届きます。

一方、幼児クラスは保育士の近くに自由に座るという設定でも子どもが自主的に保育士の周りに座ることができます。ですが、保育士も床に座って読むと、後ろに座った子は絵本が見えづらくなるため、保育士は椅子に座る、立って読むといった配慮が必要です。

このように同じ活動でも年齢や教室の配置によって環境設定は異なります。
実習中、担任の保育士がどのように環境設定を行っているかチェックしてみるといいですね。
また、環境設定によって子どもがどういった行動や反応を行うのかも注目しておきましょう。

導入

導入とは、活動を行う前に子どもたちに興味関心をもってもらうための働きかけのことを言います。

絵本を読む前に手遊びを行うことが多いですが、これは手遊びを行うことで「子どもたちが注目しやすくなる」「子どもたちが静かに絵本を聴く姿勢をつくる」という導入の意味合いを持っています。

例えば、「粘土でぶどうを作る」という製作を行う場合、導入で「本物のぶどうを見せる」「ぶどうがでてくる絵本を読む」といったことを行うと、子どもが「ぶどうってこんな形をしているんだ!」と理解を膨らますことができます。活動を行う上で導入はとても大切なので、どうすればスムーズに活動に入ることができるか、一つの活動に対してアプローチの仕方を何種類か考えてみましょう。
もちろん指導案には導入から記載しておくことが重要です。
また、部分実習ではこの導入をしっかり行うことで責任実習でも活かせるようになります。

部分実習の指導案を書く前に確認しておきたいポイント

部分実習・部分保育の指導案の書き方

部分実習の指導案を書く上で、現場の保育士がどのようなことに注意を払って保育を行っているのか知っておく必要があります。どのように保育を行っているかを知ることで、保育士の配慮や援助が見えて、指導案を書く際に参考になります。

保育士が普段気にしている所や、注意している箇所をあげてみたので、部分実習の指導案を作成する際に参考にしてみてくださいね。

【朝の会】の部分実習

朝の会は流れが決まっていることが多いので、事前に担当保育士に朝の会の流れを確認しておきましょう。普段行っている流れに沿って行うことで、子どもも安心して活動に取り組んでくれます。

幼児クラスでは「お当番さん」が進行を行っている場合があります。しかし、お当番さんに任せるのではなく、流れはしっかり把握しておきましょう。
指導案には、なるべく詳細に朝の会の流れや喋る内容を記載しておくと良いです。

【朝の会の指導案を書く際の確認事項】
・季節の曲は何を歌っているか
・朝のあいさつの仕方はどのようにしているのか
・出席の取り方は五十音順なのか、月齢順なのか
・お当番さんの号令はどんな声かけなのか
・その日の活動内容や日にち/曜日を保育士はどう伝えているか など

【主活動】の部分実習

主活動は散歩、製作、リトミック、運動遊びなど多岐にわたります。
クラスの年齢や、子どもの様子に合わせて、遊ぶおもちゃや活動を変えたりと様々な工夫ができます。
主活動毎に事前確認をしておきたい事例を挙げていますので参考にしてみてください。

製作

製作は、子どもの年齢や成長段階によってできることが異なります。部分実習で製作を行う場合には、担当保育士に子どもがどのような作業ができるのか確認しておきましょう。
指導案を作成する際は、準備物や机の配置、どのような手順で作成を進めていくのかまで記載するようにしましょう。また、作るだけで終了するのではなく作った作品を使ってどのように遊びに繋げるかなども記載しておくと良いでしょう。

【製作の指導案を書く際の確認事項】
・教具はどこまで使った経験があるか(のり・絵の具・クレヨン・はさみなど)
・最近製作した物は何か
・製作前の導入はどうやっているのか
・製作物を使って遊んでよい保育室はあるか 

室内遊び

室内遊びは保育室の広さや設備によって大きく異なります。
例えば、狭い部屋で走り回るなどの運動をやると子ども同士でぶつかったりして危険です。
活動を行う場所やルール(ボールは使って良いのか)を確認した上で指導案を作成しましょう。
指導案を作成する際は、「床にテープを事前に貼っておく」「ボールを2つ用意する」など環境設定をどうするのか明確にしておきましょう。また、遊びのルールや保育園での決まり事を事前に確認し、指導案に記載しておくと良いでしょう。

【室内遊びの指導案を書く際の確認事項】
・ルールのある遊びの経験はあるのか(どんな遊びをしてきたのか)
・チーム分けをするときに事前に決まっているグループがあるか
・ホールや広い保育室を利用できる時間(クラスによって時間帯が決められている園もある)
・普段行っているリトミックの曲や体操はあるか
・巧技台を活用したサーキット遊びはしても良いか(平均台、跳び箱、マットなど)

室外遊び

室外遊びは園庭や近くの公園を使って行うことが多いです。
室外遊びは室内と違い、身体を思いっきり動かして走り回ることができます。
しかし、広い場所で自由に動き回ると保育士の目が届かなくなり、怪我をしたり、危険な場所に行ってしまう可能性があります。そのため、事前にどこの範囲まで行ってよいのか、遊ぶ上でのルールは何かなどの声掛けが重要になります。
どのような声掛けをするかなども指導案に記載し、担当保育士に問題がないか確認してもらうのが良いでしょう。
また、雨天の場合の代替案も用意しておくと、当日雨天だった場合にも慌てず活動を変更することができます。

【室外遊びの指導案を書く際の確認事項】
・室外遊びはどこで行ってよいか(園庭または公園など)
・室外遊びをする際のルールはあるのか(保育園独自のルールがあります)
・どのような遊びを普段行っているのか
・園庭にある遊具は使っても良いか
・ボールや縄跳びなどを使っていいか

【給食】の部分実習

給食を配膳する前の隙間時間に部分実習をお願いされることがあります。
短い時間なので、手遊びや絵本を読んだりするのがよいでしょう。
子どもたちが興奮し過ぎる活動をすると落ち着いて給食を食べられなくなる可能性があるので注意しましょう。また、配膳前から給食を食べ終わるまでお願いされる場合もあるので、給食の流れはしっかり把握して声掛けなども指導案に記載しておきましょう。

【給食の指導案を書く際の確認事項】
・給食前にどんな活動をしているのか
・どのぐらいの時間で部分実習をするのか
・子どもたちへの給食の配膳の仕方(量を減らす、規定量がある)
・「いただきます」をする前の決められていること(歌、あいさつ、お当番の仕事)
・保育士が一緒に食事をするか、しないか

【午睡前】の部分実習

午睡前の隙間時間に部分実習をお願いされることもあります。寝る前ですので絵本を読みきかせたり、手遊びをして、ゆったりと安心して過ごせるような活動にしましょう。
また、読み聞かせる絵本も、気持ちが高揚するような楽しい絵本ではなく、落ち着いた気持ちになれるような絵本を選ぶといいですね。
指導案には子どもがどこに座るのか、寝る前にどんな声掛けをするのか記載しておきましょう。

【午睡前の指導案を書く際の確認事項】
・どの場所で子どもたちと活動すれば良いか(着替えや布団を敷く場所などが決まっている)
・何時ぐらいから午睡をするのか
・「おやすみなさい」をする前の決められていること(歌、あいさつ、お当番の仕事)
・排泄に行くタイミングはいつか

【帰りの会】の部分実習

帰りの会も、朝の会と同様決められた流れがあります。幼児クラスはお当番さんが進行し、保育士はサポートやピアノ演奏だけという場合もあるため、流れを確認しておきましょう。

また、帰りの会では今日やった活動を振り返ったり、次の日の活動を伝えたりしている場合があります。どんなことを保育士が話しているか事前に確認しておきましょう。

【帰りの会の指導案を書く際の確認事項】
・季節の曲は何を歌っているか
・帰りのあいさつの仕方はどのようにしているのか
・お当番さんの号令はどんな声かけなのか
・今日の活動内容の振り返りや翌日のついて保育士はどう伝えているか など

部分実習の導入のコツ

保育士_絵本

前述したとおり、導入は子どもがスムーズに次の活動へ移るために大切な活動の一つです。
最初のうちは考えるのは大変に感じるかもしれませんが、場面にあわせた絵本や手遊びなどを考えて活用してみましょう。

手遊び

手遊びは次に行う活動にあわせて選ぶと子どもの気持ちが落ち着いたり、盛り上がったりして効果的です。例えば絵本を読む前や話をする前は最後が「手はおひざ」になる手遊びをすると保育士に集中して、話を聞いてくれます。主活動でテンションを上げたいときは手遊びから始めて徐々に全身を動かす活動に繋げることもできます。
様々なバリエーションを知っておくと、場面にあった手遊びができて保育実習で役立ちます。

絵本

『絵本』といっても、様々な種類があります。そのため、子どもに合わせて選ぶ必要があります。
絵本を選ぶときのコツは、4つです。

  • 季節に合っているか
  • 年齢にあっているか
  • 読む長さは適切か
  • 読む雰囲気(盛り上がる、寝る前、静かな空間)にあっているか

主活動が待っているのに、あまりにも長い絵本を読んでしまうと、子どもは飽きてしまいます。逆に、次の活動の準備等である程度時間が確保できるときに短い絵本を読んでも、間を持たせることができず効果的ではありません。
また、寝る前に大笑いして読むような絵本や身体を動かしたくなる絵本を読むと、穏やかに入眠できなくなります。
場面に合わせた絵本を選択できるよう、書店や図書館でいろいろな絵本を探しておくと良いでしょう。

部分実習は責任実習の第一歩!!

部分実習の指導案を書く際のポイントやコツをまとめてご紹介しました。
部分実習の次に行う責任実習についても『責任実習・全日保育の指導案を書くポイント』で紹介しているのでご参考ください。

子どもの前に立つのは緊張するものですが、自分の言葉や絵本の読み聞かせで、子どもが反応してくれたときには、「すごい!」「こういう表情をしてくれるんだ!」と様々な発見をすることができます。
事前の準備や、担当保育士との打ち合わせを行い、よりよい実習経験になるといいですね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました