保育実習日誌の目標を立てるポイントとは?書き方の例も紹介!

保育園実習日誌の目標を立てるポイントとは?書き方の例も紹介!目標

保育実習の際に目標設定をすることは、どんな内容にしたらいいか悩んでしまって難しいですよね。どのように目標設定したらいいか、お困りの方も多いのではないでしょうか?

しかし、要点さえ押さえてしまえば、難しいものではありません。

なぜ目標を立てるのか、立て方のポイントなどを把握しておけば大丈夫です。

この記事では、目標設定の具体例も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

保育実習日誌とは

保育実習日誌とは、以下のようなことを記録したものです。

  • ・保育の活動や子どもの様子
  • ・保育士の行動・援助
  • ・実習生本人の行動、考察したこと

保育実習日誌を作成することで、子どもの発達や生活をより丁寧に観察し、保育の仕事についてしっかりと考えるようになります。

実習を実りあるものにするためには、決して疎かにできない大切なものです。

なぜ目標の設定が必要なの?

学びたいことを明確化するため

目標の設定をすることで、保育実習中に学びたいことが明確になります。

実習で目標を立てずに一日を過ごしてしまうと、何を学んだのか理解できないまま終わってしまいます。

目標には、子どもたちや担任保育士の目標ではなく、その日に実習生が学びたいことを記入します。

実習でどのようなことを学びたいのかを目標として記録し、自分の考えを明確化しましょう。

自分の現状を把握することができるため

目標設定をすることで、自分にはどの程度の知識があり、子どもに対してどんな働きかけができているのかを把握できるようになります。

学校で学んできたことを、どれほど理解しているのか?現場でどのような働きかけができるのか?など、目標を立てることで、客観的に自分の現状を把握することができます。

PDCAを繰り返すことで実習をよりよいものにするため

PDCAとはPlan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)を繰り返し、業務を継続的に改善していく方法のことです。

保育実習の目標はP(計画)にあたります。

今日一日でどのようなことを学ぶのか、計画を立てることが「目標」です。

実習の質を上げるために、目標を立てることは欠かせない項目です。

目標設定する際のポイント

子どもについて理解する

まずは、子どもについて理解するための目標を立ててみましょう。

子どもの年齢や発達が違っていれば、活動の内容や保育者の援助方法もそれに合わせて変わってきます。

学校で学んだことと実際の子どもの姿では、違っていることもあるでしょう。その違いをよく観察してください。

初日に子どもの様子を知るための目標を立てて実習を行うと、次の日の目標が立てやすくなります。

保育者について理解する

保育者の行動や、子どもへの援助の仕方を理解することも、重要な目標になります。

たとえば、子ども同士がけんかしているとき、保育者はどのような声かけをしているでしょうか。

保育者の動きや子どもへの関わり方、指導方法について観察してみてください。

子どもを理解すると同時に、保育者について学ぶ目標を立てると、保育の仕事をより深く知ることができます。

季節や時期による違いを理解する

さらに具体的にするため、季節や時期による違いを理解する目標を立てるのもよいでしょう。

保育者が年間カリキュラムや月案、週案を立てるときは、季節や時期を意識したものを取り入れるようにしています。

たとえば、「公園で遊ぶ」だけではなく、「秋の自然に触れ、公園でどんぐり拾いをして子どもと関わる」にすると、季節を意識した目標が立てられます。

季節を意識すると、具体的な目標設定ができるのでおすすめです。

前日の反省を生かす

前日の実習の反省を次の日の保育に生かすことも、実習をするうえで大切です。

一日の保育を終えたあとに、反省会があります。

「こうしたほうがいい」と指摘されたことや指導を受けたことをメモして、次の日の目標に生かしましょう。

翌日の目標を立てるときは、反省会で話したことやメモを振り返り、出てきた疑問を書き出してみると目標が立てやすくなります。

出した疑問を解決するために、学びたいことを文章にすることで目標ができあがります。

具体的な目標の設定例

年齢別

対象年齢によって、立てる目標が大きく変わってきます。

年齢別の目標例文を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

0~1歳児

  • ・個々の離乳食を食べるペースや咀嚼方法などを配慮した介助方法を学ぶ
  • ・月齢差のある子どもに対し、保育者がどのように対応を変えているのかを知る
  • ・遊びのときの環境と、午睡時の環境の違いを観察する

2~3歳児

  • ・製作を嫌がる子にはその気持ちに共感し、成功体験につながるような声かけをする
  • ・午睡の際は優しくトントンしたり、静かな声で絵本を読んだりして、安心して眠れるよう促す
  • ・絵本を読むときには、聞き取りやすい声の大きさで読み聞かせる

4~5歳児

  • ・自由保育のときに、保育者がどのような働きかけをしているのかを観察する
  • ・誕生日会での導入方法、ペープサートのやり方を覚える
  • ・集団に入らない子どもへの、保育者のかかわり方を知る

実習序盤・実習中盤・実習終盤

実習の序盤と終盤では、実習生の視点も変わってきます。学んできたことやこれまでの経験をもとに、あなたならではの目標を立ててみてください。

実習序盤

  • ・〇歳児の一日の流れを知る
  • ・衣服の着脱をする際、保育者がどのような介助方法をしているのか観察する
  • ・保育園での生活の流れを知り、保育者の援助方法を学ぶ
  • ・子どもたちと一緒に遊ぶ中で、発達に合った適切な環境を知る

実習中盤

  • ・異年齢保育での、保育者のかかわり方を観察する
  • ・子どもに積極的に関わり、個々の子どもの興味関心を知る
  • ・食事において、苦手なものでも少しは食べてみようという気持ちが持てるような働きかけをする
  • ・トイレトレーニングの方法や、保育者の声かけと援助方法を学ぶ

実習終盤

  • ・子ども同士でトラブルを起こした場合の保育者の対応や言葉かけを学ぶ
  • ・今まで関わりが少なかった子どもと積極的に関わる
  • ・子どもの様子を保護者へ伝える場合、どのように伝えたらわかりやすいかを知る
  • ・活動の切れ間に、保育者が子どもたちにどのような援助をしているのか観察する

実りある実習にするために目標を立てよう

保育実習では日誌や指導案などの書きものが多く、初めは戸惑うことがあるかもしれません。

特に、目標はどうやって立てたらいいのか、困ってしまうことも多いと思います。

目標を立てるときは、学校で学んだ知識と実習での経験を生かして、園の環境や子どもとの関わり方を具体的に考えましょう。

実習で経験したことは、保育職に就いても就かなくても、今後の人生で必ず役に立ちます。

今回の記事を参考にして、実りある実習にしてくださいね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました