保育実習でクラスに渡す手作りプレゼントのおすすめ3選

保育実習でクラスに渡すプレゼントおすすめ3選制作物

保育実習の最終日、実習中にたくさん遊んでくれた子どもにプレゼントを渡したいと思う実習生は少なくありません。筆者が見てきたなかにも、折り紙やリボンなどで作ったプレゼントを子どもに渡す実習生がたくさんいました。

しかし、実習の最終日には必ずプレゼントを渡さなければならないのでしょうか?

今回は、プレゼントを渡す必要性や注意点について解説しています。後半には、おすすめのプレゼントの作り方も紹介していますのでぜひ参考にしてください。

実習最終日のプレゼントは必要なの?

実習最終日は、実習生からプレゼントを渡すのが決まりのように思っている方も多いと思いますが、実際は必ずしもプレゼントを用意する必要はありません。

実習中は、日誌や指導案、準備などで忙しく、プレゼントを用意する時間を確保するのはなかなか大変です。無理にプレゼントを用意するよりも、毎日の実習をしっかりと過ごして学びを深めることを大切にしてください。

また、プレゼントの有無で実習の評価が変わることはまずないと言われていますので安心してください。

プレゼントがNGの園もある!

プレゼントを用意したい場合は、まず実習先の保育園に確認を取りましょう。園によっては、プレゼント自体がNGとされている場合もあります。事前に確認を取っておくことで、保育士側が実習最終日にプレゼントを受け取ることを把握しておけるメリットもあります。

渡す範囲はどこまで?

プレゼントを渡す範囲は、実習中にかかわったクラスの全員、または各クラスにひとつずつなど、個人によってさまざまです。

園全体の人数が多い場合は、クラスにひとつずつであれば用意する時間も確保しやすいですね。どこまでの範囲で渡せばよいか迷った場合は、担当の保育士に相談してみましょう。

個別にプレゼントを用意する際はこちらを参考にしてみてください。

保育実習でのプレゼントはどんなものがいいの? 注意点は?

ここでは、保育実習でクラスにひとつずつ渡すプレゼントについてのポイントや注意点を紹介します。どんなプレゼントがいいのでしょうか。

プレゼントは手作りで

実習生からのプレゼントは、身近な素材を使った手作り品である場合がほとんどです。

お金をかけて既製品を購入したり、材料費が高すぎたりするプレゼントは、受け取る保育園側に余計な気遣いをさせてしまうことになりますので避けたほうがいいでしょう。

食品は絶対NG

お菓子や食べものなどをプレゼントすることは、特にNGとされています。実習生が渡すには、子どものアレルギー対応や食中毒など、問題が多くあるためです。

年齢に応じたプレゼントを考えよう

クラスにひとつずつのプレゼントを用意する場合、渡す年齢もポイントです。

例えば、0歳児クラスには触って遊べるようなプレゼントを渡したり、5歳児クラスには感謝の気持ちをひらがなで書いて飾り付けをしたカードをプレゼントしたり、その年齢の子どもにあったプレゼントを渡せるといいですね。

キャラクターの使用について

実習生のなかには、人気のキャラクターをモチーフにしたプレゼントを作りたいと思う方もいると思いますが、あえてキャラクターの使用を避けている園もあります。キャラクターを使いたい場合は、使用してもいいか事前に園に確認しましょう。

実習最終日…プレゼントを渡すタイミング

ほとんどの場合、実習最終日にお別れ会のような実習生が挨拶をする機会が設けてありますので、そこでプレゼントを渡すのが一般的です。

プレゼントを早く渡したいという気持ちもあるとは思いますが、挨拶の前にプレゼントを渡してしまうと子どもはプレゼントに夢中になってしまうので、挨拶が終わってから渡した方がいいでしょう。

おすすめの手作りプレゼント【写真立て】

クラスにひとつずつのプレゼントの場合、メッセージを書き入れるタイプのプレゼントを選ぶ方が多いようです。写真立てに写真の代わりにメッセージを書いておくことで、時期が過ぎてもクラスの写真を飾ってもらえるため実用的です。

プレゼント【写真立て】の準備物

材料:紙皿2枚(直径18センチ以上がおすすめです)、リボン、画用紙や折り紙、メッセージ用の紙と筆記用具、セロテープ、のり、はさみ
材料費:およそ100円(材料のみの費用です)
製作所要時間:20〜30分程度(装飾の度合いによります)

①紙皿1枚の中央部分を丸く切り抜く。
※ボールペンの先などで中央を刺し、そこからはさみを入れると切りやすいです。

紙皿の中心を切り抜く

②切り抜いた部分を使って3~4cmの扇形を2つ作り、角を切り取って折り目をつける。
※この工程は画用紙など別のものでも代用可能です。

切り抜いた部分を扇形にする

③切り抜いていないほうの紙皿にセロテープでしっかりと留める。
※あとから写真を入れたときにちょうどいい位置におさまるように調整してください。
※13センチ程度の幅を空けておくと写真がおさまります。

セロテープで扇形を貼る

④メッセージを紙皿に書き入れ、飾りつけする。
※後からでもできますが、先に飾りつけたほうがやりやすいです。
※メッセージを写真サイズの別の紙に書く方法もあります。

プレゼントにメッセージを書く

⑤穴を開けた紙皿の裏側に、リボンをテープで留める。

リボンをテープで止める

⑥紙皿2枚を中表にして合わせ、テープで貼り合わせる。
※写真を差し込むために、時計の10時から2時くらいの位置は開けておきます。

紙皿を貼り合わせる

⑦全体を飾りつけて完成です。
※手前の紙皿の裏側から飾りを貼ると立体感が出ますよ。

写真立てのプレゼント完成

おすすめの手作りプレゼント【お礼の手紙】

文章量やサイズを自由にできる壁面タイプの手紙は、字が読める年齢のクラスへのプレゼントに特におすすめです。かさばらないので自宅から持ち運ぶときも安心ですよ。

プレゼント【お礼の手紙】の準備物

材料:画用紙、紙や便箋、折り紙、両面テープやのり、メッセージを書くペン、シールなど
材料費:およそ50円
製作所要時間:10〜20分(装飾の度合いによります)

①紙、もしくは便箋にひらがなでお礼の手紙を書く。
※壁に飾ってくれることもあるので、大きめの字で書くと子どもが見やすいです。

ひらがなで手紙を書く

②手紙を画用紙に貼る。
※画用紙はクラスカラーにするのがおすすめ!

画用紙に手紙を貼る

③画用紙や折り紙で作った飾り、シールなどでデコレーションする。
※飾りは、クラスのキャラクタ(クマ組やひまわり組など)をモチーフにするのがおすすめ!

プレゼント【お礼の手紙】の完成

おすすめの手作りプレゼント【ペン立て】

室内遊びでお絵かきをするときに使う色鉛筆やクレヨンなどを入れるのに便利なペン立てです。小さいクラスでも保育士が使えるので、子どもの目につくところに置いてもらえる可能性も高いです。

プレゼント【ペン立て】の準備物

材料:トイレットペーパーの芯×6本、厚紙、折り紙3枚(柄物だとかわいいです)、テープ、両面テープ、はさみ、布リボン、筆記用具
材料費:およそ50円
製作所要時間:30分程度

①トイレットペーパーの芯を、高さ8センチ×2、6センチ×2で4本切る。
※残りの2本はそのままの高さで使います。

トイレットペーパーの芯を切る

②それぞれの高さが2本ずつできたら、各1本ずつ縦に切り込みを入れる。

トイレットペーパーの芯に切り込みを入れる

③切り込みを入れた芯を、切り込みを入れていない芯に被せてテープでとめる。
※2本重ねることで頑丈になります。

トイレットペーパーの芯2本を重ねてテープ止め

④芯で厚紙に型をとり、型の線より1センチほど外側を切ったら線に向かって切り込みを入れていく。これを3枚作る。

厚紙に型を取って切る

⑤切り込み部分で一度折り目をつけておき、芯の底部分に被せてテープで留める。
3本とも同様に底部分を作る。

トイレットペーパーの芯の底に被せてテープを張る

⑥折り紙の4辺に両面テープを貼り、1本だけめくり紙をはがして1番背の高い芯に貼る。
残り2枚はそれぞれ高さ11センチ、9センチに切って同様に貼る。
※両面テープ同士が重ならないようにしてください。また、両面テープは細めのものをおすすめします。

両面テープで折り紙を貼る

⑦折り紙を芯に巻きつけて両面テープで貼る。上に余った部分はめくり紙をはがしてから芯の内側に折り込む。下に余った部分は底をつくったとき同様に切り込みを入れて折り込む。

余った折り紙を折り込む

⑧3本の芯を合わせ、ちょうど芯同士がくっつく部分を両面テープで貼り合わせる。
※赤丸で囲んだ折り紙の重なった部分をくっつけると仕上がりがきれいになります!

3本を両面テープで貼る

⑨リボンを巻いて完成です。
クラス名を書き入れたり、クラスのマークや色で飾りをつけてもかわいいですね。

プレゼント【ペン立て】の完成

3本くっついていることで倒れにくく、高さが違うので短くなった鉛筆でも立てられるのがポイントです!0歳児クラスにはこれを応用して上下をふさぎ、マラカスを作ってあげてもいいですね。

お世話になったクラスに手作りプレゼントを渡してみよう!

各クラスにひとつずつ、もしくはお世話になったクラスにひとつだけのプレゼントの場合、個人向けに作る場合よりもひとつのグッズに時間をかけられるのが特徴です。
今回は、飾りつけの自由度が高いので、クラスのマークやカラーを使ってみたり、園に確認してキャラクターをモチーフにしたりと、ぜひいろいろ工夫してみてください。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました