2歳児クラスの保育実習まるわかりガイド

2歳児クラスの保育実習まるわかりガイド事前準備

2歳児は、身の回りの基本的なことがある程度自分でできるようになる時期です。

語彙が増えて言葉のやり取りが盛んになり、友だちや保育者との会話も楽しむようになります。

それと同時に「なぜ」や「どうして」などの質問が増え、知的好奇心や物事への関心が高まる時期でもあります。

では、2歳児クラスで保育実習を行う場合、実習生としてどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

2歳児の発達段階や保育士の役割・実習のねらいや接し方についてご紹介します。

2歳児とはどんな発達状況なのか

2歳児クラスは、4月の時点で2歳0か月~2歳11か月の子どもが生活しています。

幼児クラスへの進級に向けて、排泄の自立や自分でできることを増やす援助を行い、身の回りのことは自分で行うように促していきます。

子ども同士のやり取りが増え、一緒に遊んだりごっこ遊びを楽しんだりするようになりますが、まだ言葉でうまく表現できないため、口や手が出てしまうこともあります。子どもの心身の成長を見守りながら、適切な援助を行っていきます。

 身体の発達

2歳児になると身体の使い方が飛躍的に向上し、安定して走ることができるようになります。

全身を使って表現することが増え、体操やダンスなどで身体の動かし方を知らせていきます。

指先の発達により、はさみを使った活動や「顔を描く」といった製作活動にも取り組んでいく時期です。

・走る、跳ぶなど、基本的な運動機能を獲得する。

・さまざまな姿勢を取りながら身体を使った遊びを繰り返し楽しむ。

・階段を上るときに足を交互に出す。

・手すりを持ったり支えてもらったりして階段を上る。

・のりで紙を貼ったり、なぐり描きをしたりする。

・はさみで1回切りをする。

・のりを点付けして貼る。 

 言葉の発達

日常会話やテレビなどのメディアからさまざまな言葉を吸収し、語彙が飛躍的に増えていきます。

同時に、大人の会話からも新たに言葉を覚えていくため、正しい言葉遣いや丁寧な言葉かけに配慮するようにしましょう。

・言葉を使うことや、かわすことを喜び、やり取りを楽しむ。

・「大きい・小さい」、「高い・低い」、「長い・短い」がわかるようになる。

・いろいろな線を描き、自分の描いたものに意味や名前づけをする。

・「~のつもり」や「~のふり」といった、ごっこ遊びを楽しむ。

 生活習慣

食事や排泄の自立を目指し、子どもに合わせて適切な援助をしていきます。

特に、排泄の自立(トイレトレーニング)は、月齢によって「これができる」というものはなく、子ども一人ひとりの性格や環境によってアプローチも変わってきます。

・食事、排泄、衣服の着脱など、身の回りのことを自分でしようとする。

・尿意を感じて知らせる。

・決まった場所に片付ける。

・自分でパンツや靴下を履くようになる。

2歳児クラスの実習目標

 2歳児に対する保育士の役割

2歳児は、幼児クラスへの進級に向けての大切な1年でもあります。

身の回りのことの自立を目指し、「食事は、徐々にエプロンをせず食具を使って最後まで一人で食べる」、「排泄はパンツで終日過ごす」、「着脱は一人でボタンをかけられるようになる」といった点を子ども一人ひとりの性格にあわせて援助していきます。

また、友だち同士の関わりが増えるようになり、一緒にごっこ遊びを楽しんだり、玩具で遊ぶことを楽しんだりするようになります。

友だちと遊ぶなかで、まだまだ言葉で伝えられずトラブルになることもあります。

保育者は、子ども同士の関わりを大切にしながら、こういうときはどう言えばいいのか、相手はどんな気持ちかなど、「自分と相手」を意識した声掛けを心がけています。

同時に、子どもは何でも吸収する時期です。丁寧で正しい言葉づかいを心がけ、子どもの「なぜ?」や「なに?」に丁寧に答えていきましょう。

難しい質問はあいまいにするのではなく、「先生もわからないから一緒に調べてみよう」、「むずかしいな、不思議だね」と正直に思いを伝えるようにします。

 実習生が見る視点

2歳児になると、自分でできることがぐんと増えます。

子どもができないことを援助するのは必要なことですが、手を出し過ぎてしまうと子どもの成長が止まってしまいます。

子どもができるようになるために、保育者がどこまで援助をしているのか、保育者はどのような声掛けをしているのかを見てみましょう。

子どもの性格によっても、アプローチは異なってきます。

できないことが同じでも、子どもによって声掛けや援助の仕方が変わってくるので、目を向けてみて下さいね。

「自分でできた」、「自分でできる」に誇りを持つ時期でもあります。

「できた」という喜びに共感し、達成感や充実感をたくさん味わえるようにしましょう。

「できない」ことにも挑戦するように促し、悔しさを共感しながら「できる」ようになる過程を応援するのも大切です。

昨日はできなかったのに、今日はできたということを見つけたら、たくさん褒めてあげましょう。

 目標の例文

2歳児の目標の例文を以下にまとめています。

  • 1歳児クラスとの違いを知る。
  • トイレトレーニングでの保育者の援助の仕方を見る。
  • 保育者と子どもの関わりを見る。
  • ごっこ遊びを通して子どもの関わりを見る。
  • 子どもの身体の使い方を知る。
  • 身の回りのことをやろうとする意欲を引き出すための援助を知る。

目標の立て方についてより詳しく知りたい方は『【事例集あり】保育実習の目標の書き方』や『保育実習日誌の目標を立てるポイントとは?書き方の例も紹介!』をご覧ください。

2歳児クラスの保育のねらい

 ねらいの立て方

2歳児の保育のねらいは、子どもの遊びのなかからどのような成長を期待するのか、どのような発達を促しているのかを明確にしていくと書きやすいです。

主活動の内容を事前に聞いておき、その活動を通してどのような成長を目指しているのかを自分なりに考えてみましょう。

 ねらいの例文

2歳児のねらいについて例文をまとめています。

  • ごっこ遊びを通して友だちとの関わりを楽しむ。
  • 全身を使って巧技台に挑戦する。
  • はさみの使い方を理解し、1回切りを丁寧に行う。
  • 遊具は順番を待って行うことを知る。
  • 自分の好きな色を選んで折り紙の1回折りに挑戦する。
  • 保育者と一緒に身体を動かし、体操やダンスを楽しむ。

ねらいの書き方について、より詳しく知りたい方は『【0~2歳児】保育実習日誌「ねらい」の書き方』をご覧ください。

2歳児クラスでの自己紹介

 年齢に合わせた自己紹介

2歳児になると、大人が話す言葉を理解していきます。

子どもがわかりやすい内容を話すようにしましょう。

子どもが集中して話を聞くことができるよう、パペットや指人形を用いるのもいいですね。

 自己紹介をするときのポイント

2歳児は、大人が話す言葉をおおむね理解することができます。

しかし、集中力が長く続かない場合もあります。手遊びを最初に行ったり、パペットを用いたりして、「なんだろう?」、「おもしろそう!」という印象を抱けるようにするといいですね。

1歳児とは違い、その場で座って話を聞くことができるので、多少ギミックを取り入れた小道具も取り入れることができます。

手品も喜ばれることの一つです。

 自己紹介の例文

2歳児向けの自己紹介の例をご紹介します。

  • みなさんこんにちは、田中あかりです。あかり先生って呼んでね。一緒にたくさん遊びましょう。お友だちを紹介したいんだけどいい?みんなで一緒に「おーい!」って呼んでみてね。さんはい、「おーい!」みてみて、こんなにたくさんお友だちがでてきたよ(パペットなど)たくさん遊ぼうね。よろしくお願いします。

自己紹介についてより詳しく知りたい方は『保育実習ですぐできる!!自己紹介の3つのポイント』の記事を見てみてくださいね。

2歳児との遊び

 子ども同士の関わり方

鬼ごっこやむっくりくまさんなど簡単なルールのある遊びを理解し、楽しむことができるようになります。

子どもが楽しむことができるよう、保育者は遊びを提案したり、子どもが楽しめるような玩具を提供したりして遊びこめる環境を作っていきます。

また、子ども同士で追いかけっこを楽しんだり、ごっこ遊びを楽しんだりするようにもなります。

ごっこ遊びも子どもの目線になって、なりきることを大切にしていきましょう。

しかし、まだ「自分と相手」の距離感や気持ちなどに十分な理解が無いため、自分の思い通りにいかないと、トラブルになる場合もあります。

トラブルになった場合は、子どもが落ち着くまで待ち、それぞれの話をしっかり聞いてからそれぞれの思いを代弁するようにします。一方の言葉だけで場面を判断するのではなく、それぞれの子どもの思いに向き合うようにしてみてくださいね。

 保育士との関わり方

ルールのある遊びをするときは、保育者が一緒に遊びに参加し、子どもにルールを伝えていきます。鬼ごっこ一つをとっても、A保育者は逃げる側、B保育者は鬼側とそれぞれに保育者がつくことができるのは、複数担任ならではです。

実習生も、保育者に確認して、子どもと一緒に思い切り遊びを楽しみましょう。大人が楽しむことで、子どもも「楽しい!」という思いが芽生えやすくなります。

 どんな遊びが好きか

2歳児が好きな遊びの例を紹介します。

  • ・おままごと

・子ども同士の関わりや「おかあさん」、「おひめさま」になりきることを楽しむ

  • ・鬼ごっこ

・全身運動を楽しむ

・勝ち負けに気がつく

  • ・だるまさんが転んだ

・最後まで話を聞く習慣をつける

・止まる、動くといったメリハリを楽しむ

  • ・塗り絵

・指先の発達を促す

・大きな絵から細かい絵と、段階を踏んだり、画材を変えたりして楽しむ

より詳しく子どもとの遊び方を知りたいという方は、『【職場体験で使える!!】保育士が教える子どもと遊ぶときのポイント』の記事をご覧ください。

2歳児クラスの感想と反省

 どんな視点で書くか

保育実習での反省点は、実習生自身がとった行動からどのような結果がおこったのかを書いていくため、実習生の視点で書いていくことが基本です。

2歳児は、「赤ちゃん」という印象の強い0歳児や1歳児と比べると、何でもできるようになった印象を持つかと思います。

2歳児と1歳児では保育者の援助がどのように違うか、子ども同士の関わり方はどうかなどにも目を向けてみましょう。

特に、ルールを理解するようになり、順番に並ぶ、保育者の話を聞くといった行動をとることができるようになり、保育者の声掛けも1歳児とは大きく違ってくるかと思います。

 次に活かすためには

保育は、その年で完結するものではなく、0歳~5歳まで、ずっと続いていきます。

2歳児は、3歳児にむけて、どのような成長を見越しているのか、見通しを持って理解を深めていけるといいですね。

特に、2歳児は幼児クラスへの移行期となるため、さまざまなことに挑戦していきます。

身の回りのことの自立はもちろんのこと、友だちとのかかわり方や、遊びの内容など、3歳児へ向けてできるようになりたい姿はどんなものなのか、考えてみるといいですね。

さらに詳しく感想と反省の書き方について知りたいという方は、『【文例で解説】保育実習での感想文の書き方』や『保育実習日誌の「反省と感想」の書き方を徹底解説!』の記事をご覧ください。

2歳児へのプレゼント

実習最終日は、実習生からプレゼントを渡す場合もあります。考え方は実習園や学校の考え方によっても異なります。

中には、実習生の負担を考えて、プレゼントをNGにしている保育園もあります。

プレゼントを準備したいと考えている場合は、保育園に確認してから渡すようにしましょう。

プレゼントを渡す場合、2歳児はどのようなプレゼントが喜ばれるでしょうか。

 最終日に渡すプレゼントのポイント

2歳児になると、ひらがなを読むことができるようになる子もいますが、まだまだ自分で読むことは難しいです。

楽しかったことをイラストにしたり、似顔絵にしてみたりと、子どもが「見て」わかるものにするといいですね。

 プレゼントの紹介

2歳児におすすめのプレゼントを紹介します。

  • 一人ひとりの似顔絵
  • お手紙(画用紙に大きくイラストを書き、全員で1枚)

お手紙の場合は、画用紙8ツ切サイズ1枚に大きく楽しかったイラストを描き「あそんでくれてありがとう たなかあかり」というように、簡単な言葉で締めましょう。

イラストは2歳児クラスの実習中にあったことを描くのもいいですね。公園で遊んだ場合はみんなで鬼ごっこをしている様子、製作をした場合は作った製作物を貼るのもおすすめです。

手作りのプレゼントについて、『保育実習で子どもに渡す手作りプレゼントのおすすめ3選』と『保育実習でクラスに渡す手作りプレゼントのおすすめ3選』の記事で紹介をしているので、ぜひご覧くださいね。

子どもを理解して保育実習に臨もう

2歳児クラスは様々な活動に自ら挑戦するようになってきます。活動する中で自分でできないことへの悔しさも多く感じています。

しかし、できないからといって全てを手伝うのではなく、少し見守ったり、言葉による援助をすることで子どもの成長に繋がります。

どこまで援助すればよいのかなど、実習先の先輩保育士に聞いてみるのもいいですね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました