5歳児クラスの保育実習まるわかりガイド

5歳児クラスの保育実習まるわかりガイド事前準備

5歳児は、就学に向けての大切な時期です。

細かな手や指の動きも見られるようになり、これまでの経験や知識を生かして創意工夫するなどの思考力も高まっていきます。

しかし、まだまだ子どもであり、身近な大人に甘えながら気持ちを休める姿もあります。

子どもの気持ちをくみ取って、必要な援助をしていくことが大切です。

では、5歳児クラスで保育実習を行う場合、実習生としてどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

5歳児の発達段階や保育士の役割・実習のねらいや接し方についてご紹介します。

5歳児とはどんな発達状況なのか

5歳児クラスは、4月の時点で5歳0ヶ月~5歳11ヶ月までの子どもが生活しています。

保育園の中で一番のお兄さんお姉さんである意識を持ちながら、就学へ向けて様々な準備をしていきます。

身体の発達

5歳児になるとより全身を使った運動ができるようになり、跳び箱を跳んだり、縄跳びに挑戦したり、鉄棒で逆上がりができるようになったりと活動の幅も大きく広がります。

手指の発達はより細かくなり、微細な表現が可能となっていきます。

・全身運動がなめらかになり、さまざまな運動に意欲的に挑戦するようになる。

・短縄を跳んだり、ボールをついたりする。

・細かな手指の動きか可能になり、イメージしたように描いたり、ダイナミックな表現と共に細やかな製作をしたり、様々な方法、材料で工夫して表現することを楽しむ。

・もっと速く走りたい、もっとかっこよくしたいなど、意欲や向上心を持ち挑戦する。

言葉の発達

ひらがなが書けるようになり、友だちに手紙を書いて気持ちを表現するようになります。

時間を見て行動することもできるようになり、見通しを持った活動が可能です。

・右、左がわかる。

・数字と数量が一致する。

・自分の思いをわかりやすく表現する力や、相手の気持ちを聞く力が高まり、相手を認めたり許したりする社会生活に必要な基本的な力を身につけていく。

・仲間の中でのトラブルを自分たちで解決しようとする。

・ひらがなを読んだり書いたりする。

・自分で気持ちを抑えて我慢する。

・昨日、明日などの時間の概念ができる。

・仲間の存在がより大切なものとなり、主張したり共感したり、強調したり、人とのかかわりや生活の基礎となる経験をする。

・自分自身の内面への思考が進み、自意識が高まるとともに、他社の特性や持ち味にも気付く。

生活習慣

自立心が高まり、自分で考えて行動するようになるのが5歳児です。

自分がこうしたいという思いを保育者や友だちに伝えて、行動に移すようになります。

・人の役に立つことを喜び、手伝いや年下の子どもの世話をする。

・クラスや園全体の生活に見通しを持って当番や係活動などの仕事を行うことができる。

・「がんばってできた」や「友だちと協力してできた」という実感から自己肯定感や仲間意識を持つ。

・清潔に対する意識がすすみ、汗をかいたらふいたり、着替えたりする。

・食材と健康の関係を知り、選んで食べる。

・段取りを考えて準備することや、話し合ってやりとげることができるようになる。

・自分がしたことを振り返って、次にどうするかを考えることができるようになる。

5歳児クラスの実習目標

5歳児に対する保育士の役割

5歳児クラスになると、身の回りのことは自分で行い、活動に対しても自分で考え、見通しを持って活動に取り組むようになります。

保育者は、子どもが自分で行動することができるように、自分で考えて行動できるような声掛けや保育環境に配慮していきます。

文字への興味が高まるため、時間割表を導入したり、カレンダーを用いて活動に見通しを持てるようにしたり。

文字の多い絵本を置いたり、ひらがな表や数字の表などを貼ることで、日常的に文字に触れられるように取り入れているところもあります。

保育者がどのような思いを込めて環境を設定しているのかも確認してみましょう。

実習生が見る視点

これまで大人が行う様子を見ていたため、5歳児になると当番を中心にそれぞれの係の仕事を行っていくことができるようになります。

当番活動や係活動は、グループ単位で行っていることが多く、子どもたちがそのなかでどのような役割をもっているのかを注目してみるといいですね。

また、子どもが中心となって活動を行っているからこそ、子どもの思いをまとめあげる大人の存在も必要となります。

保育者は、子ども一人ひとりの思いや意見をどのように一つにまとめていくのか見ていきましょう。

目標の例文

  • 5歳児クラスの一日の流れを知る
  • 当番活動、係活動を知る
  • 保育者の動きや、子どもに対する配慮を見る
  • 子ども同士の関わりのなかからそれぞれの役割分担を知る
  • 子どもの主体的な活動に、保育者がどのように援助しているのかを見る
  • 子ども主体のクラス運営を知る

5歳児クラスの保育のねらい

ねらいの立て方

子どもたちだけでできることが増え、見通しを持って活動に取り組むようになるのが5歳児です。

それと同時に、就学に向けてさまざまな挑戦をしていくように配慮します。

保育者の見守り方や、援助の方法などにも目を向けてみましょう。

ねらいの例文

  • 季節や行事に合わせた食事、食材に興味を持つ。
  • 友だちと遊びながら自分たちでルールを作りかえたり、新しく考え出したりする。
  • 先を見越して手順を決めて、自律的に行動する。
  • チームで力を合わせて、ルールのある遊びを楽しむことができる。
  • 次の活動を考えて、見通しを持って排泄を行う。
  • 当番活動を通して、自分の仕事を責任を持ってやり遂げる。

5歳児クラスでの自己紹介

年齢に合わせた自己紹介

長い子は、6年間保育園に通っています。実習生も毎年園に遊びに来ており、実習生という存在が何かを理解しています。

そのため、子どもたちは「この先生は一体どんなことをしてくれるのだろう」、「いつまでいるのかな」と気にしています。

特に、責任実習を5歳児で行うことが多いので「実習生の先生がやってくれる保育」を楽しみにしてくれる子もいます。

子どもたちの期待にそえるような自己紹介をしていきましょう。

自己紹介をするときのポイント

5歳児は、実習生の存在を理解しています。だからこそ、子どもたちの目もシビアです。

笑顔、声の抑揚、話し方、仕草などから「この先生は面白い」、「この先生は楽しそう」ということをいち早く察知します。

前に立つことは緊張するものですが、子どもの目をしっかり見て、笑顔ではきはきと話すように心がけましょう。

自己紹介の例文

  • 「田中あかりです、保育園の先生になるために、こどもすくすく保育園に勉強しに来ました。うさぎ組のみんなと金曜日までたくさん遊んだり、たくさん歌ったり、たくさん食べたりしたいと思っています。先生のすきなことは、ご飯を食べることです。おにぎりが大好きで、好きな具はおかかです。みんなは何が好きですか?たくさんお話したいので「あかり先生」って呼んでくれたら嬉しいです。よろしくお願いします」

5歳児との遊び

子ども同士の関わり方

5歳児は、子ども同士での遊びがより濃くなり、ゲームのルールを自分たちで決めたり、見本を見て同じものを作ったりと、遊びの幅もさらに広がっていきます。

協力してひとつのものを作ることも増えていきます。

特に、ドッジボールでは、「〇〇ちゃんは投げるの速いから、〇〇ちゃんにボールを渡す」、「逃げるときはしゃがむ」とグループごと戦略を立てることも。

子どもたちがそれぞれ意見を出し合い、ひとつにまとめようとする姿を見守ってみましょう。

保育士との関わり方

子ども同士で解決することができるようになるからこそ、保育者は過度に介入せず、子どもの考える様子を見守ります。

子どもたちが煮詰まったり、解決先が見つからなかったりするときには、ヒントを出し、解決に導けるように配慮しています。

ときには、ゲームに夢中になり過ぎて、ヒートアップしすぎてしまうこともあるでしょう。

子どもたちが自然とクールダウンできるように、休憩を間に入れたり、別の活動に切り替えたりしています。

どんな遊びが好きか

  • ドッジボール

ボールを投げる、キャッチする動作を経験する

子ども同士で戦略を立てる

  • カプラ

友だちと協力して積み上げる楽しさを味わう

大きな作品を作る達成感を味わう

  • 巧技台

跳び箱を跳ぶ、平均台を渡るという経験から身体の使い方を知る

自分の限界に挑戦する

  • 塗り絵、製作

細かな絵をはみ出さずに塗る

廃材を組み合わせ、自分の好きなものを表現する楽しさを味わう

5歳児クラスの感想と反省

どんな視点で書くか

5歳児になると、子ども同士の関わりが多く、乳児クラスと比べると実習生が一緒に遊ぶことが少なくなり、どのような視点で反省を書けばいいのか悩むことも増えるかと思います。

子どもが自分たちでできるからこそ、保育者はどのような存在であるのかを考えてみると、おのずと答えを見つけ出しやすいです。

子ども同士の関わりを見るのも大切ですが、保育士の姿や、異年齢児との関わり方などにも目を向けてみると、新たな発見がありますよ。

次に活かすためには

5歳児クラスは、就学に向けて成長する大切な1年です。

保育園生活の集大成として行事に臨むことはもちろんのこと、小学校に向けて机上での活動を増やす、ハンカチで手を拭く、排泄や給食は後始末まで行うといった、今まで保育者が行っていたことにも挑戦していきます。

保育園は卒業しても、子どもたちの未来はこれから先も続いていきます。

保育者がどのような思いを持って卒園をむかえられるようにしていくのかにも、目を向けていけるといいですね。

5歳児へのプレゼント

実習最終日に子どもたちにプレゼントを渡したいと考えている実習生もいるかと思います。

特に、5歳児で責任実習を行うことも多く、実習生にとっても思い入れが大きいかもしれません。

しかし、保育園のなかには、実習生の負担を考えてプレゼントをNGにしている保育園もあるので、確認してから渡すようにしましょう。

プレゼントを渡す場合、5歳児はどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。

最終日に渡すプレゼントのポイント

5歳児は、ひらがなが読めるので、プレゼントに手紙をつけてあげると喜ばれます。

多少長い文章でもすらすら読むことができるので、楽しかったこと、思い出に残ったことを書いてみましょう。

また、手紙を渡す際にひと工夫あると、より印象に残ります。

プレゼントの紹介

  • メダル
  • 手紙(8ツ切り1枚、飛び出す仕掛けをつけたカードなど)
  • 折り紙で作った花

5歳児になると、ある程度玩具の扱いも理解してくるため、少し凝ったものを渡しても問題ありません。

また、実習生の思い出をとっておくために、全員で1つではなく、個々にメダルを作ったり、折り紙で花を作って渡したりするのも喜ばれます。

メダルを作る場合は、名前と一言メッセージをつけると、特別感が出てさらに嬉しい気持ちになりますよ。

手紙を送る際にも、飛び出す仕掛けを取り入れてみたり、写真を貼ったりすると、より華やかになります。

参考:保育実習で子どもに渡すおすすめのプレゼント

子どもを理解して保育実習に臨もう

5歳児クラスは、文字や数字への興味が増していきます。実習生の名札などを見て、一生懸命読もうとする姿も見られるでしょう。散歩や戸外活動を行うと、「これは何の花?」と興味を示すことも多くなってきます。

子どもの疑問に対してすぐ回答するのではなく、「図鑑で調べてみようか」と子どもと一緒に調べたり試したりすることが大切です。

そのため、実習では自ら好奇心を働かせ、「これなんだろうね」と子どもが興味を持てるように関わっていきましょう。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました