【キャラクターOK!?】保育実習でのエプロンの選び方を紹介

保育実習でのエプロンの選び方保育実習準備室

初めての保育実習、とても緊張しますよね。持ち物ひとつ取ってもどのようなものを用意すればいいのか不安ばかりだと思います。
その中でも、特に悩むのが保育実習中のエプロン。どのような種類、色、素材のものを用意すればいいのか、キャラクターものでもいいのかどうか……考えれば考えるほど分からなくなるのではないでしょうか。
元保育士の私は、過去7回の実習を経験してきました。
同じようにエプロン選びに悩んだ経験もありますし、実際に保育士として働いてきた中でエプロン選びの大切さも知っています。
今回は、元保育士の目線でどのようなエプロンを選べばいいのか詳しく解説します!
保育実習に適したエプロンを選び、安心して実習を迎えましょう。

保育実習に適したエプロンを選ぶ5つのポイント

保育実習にいく前に押さえておきたいエプロンの選び方を5つに分けてご紹介します。
このポイントを押さえるだけで、保育実習にぴったりのエプロンを選ぶことができますよ。

種類はフルエプロンかスモックエプロンを選ぼう!

エプロンの種類は大きく分けると3つあります。

カフェエプロン・・・胸当てなしの、腰に巻くエプロンのこと。
フルエプロン・・・肩から膝辺りまでを覆う袖なしのエプロンのこと。後ろを紐で結ぶタイプとそのまま被るタイプがある。
スモックエプロン・・・袖ありのエプロンのこと。割烹着ともいう。

上記3つの種類がありますが、エプロンは必ずフルエプロンスモックエプロンを選びましょう。
なぜなら、保育士は子どもと関わる中で何が起こるか分からない仕事だからです。
製作活動で汚れてしまったり、感染症が流行っていれば子どもが嘔吐してしまうときもあります。

実際に私が保育実習へ行ったときも、子どもの嘔吐を被りましたが、フルエプロンを着ていたおかげで下の服まで大きく汚れずに済みました。
すぐに着替えられるというメリットがあるので、フルエプロンかスモックエプロンを選ぶのがいいです。

フルエプロンには、後ろを紐で縛るタイプとそのまま被るタイプがありますが、オススメはそのまま被るタイプです。

紐で縛るタイプは通気性がよく快適ですが、子どもが紐を引っ張って外れてしまい、ときには転んで怪我をする可能性もあります。

そのまま被るタイプであれば、前も後ろも同じような作りになっているため安全で、かつササッと着ることができるメリットがあります。

子どもと関わることを第一に考え、エプロンを選ぶといいですね。

また、フルエプロンとスモックエプロンのどちらのほうがいいのかというと、実習へ行く季節によって選ぶのもいいでしょう。
基本的に、保育士は子どもと一緒に遊ぶなかでかなり動くため、通気性のいいフルエプロンを選んで着ていることが多いです。
ただ、冬場は外に散歩へ出かけることもあります。そんな時に防寒のひとつとしてスモックエプロンを着ていると暖かく過ごすことができるでしょう。

色は淡いものを選ぼう!

一見、汚れが目立たないように濃いめの色を選んだ方がいいのでは? と思いますよね。しかし、エプロンの色は淡いものの方がいいです。
淡い色を着ていると、子どもや保護者の方に明るい印象を持たせることができます。
先ほど、種類はフルエプロンかスモックエプロンがいいということをお話ししました。
そうすると、体のほとんどがエプロンで覆われている状態です。
人間の特徴として、暗い色は面積が大きければ大きいほど暗く、明るい色は面積が大きければ大きいほど鮮明に見えると言われています。

ですので、暗い色を全身に着ていると、着ている人の印象まで暗く見えてしまうということになります。
実習は短期間で行うものですから、出来るだけ早くにいい印象を持たれたいですよね。
淡い色を選ぶことで、元気で明るく、優しい印象を持たれるようにしましょう。

素材は通気性のいいものを選ぼう!

エプロンの素材は、通気性のいいものを選びましょう。
一般的に出回っている素材では綿やポリエステルが主流です。
保育士はもちろんそうですが、特に実習中は子どもたちととにかく動き回ります。
「お姉さん、お兄さん先生、遊んで! 」と子どもたちから大人気です。
気がついたら汗びっしょり、ということも多いです。
そのため、少しでも過ごしやすいような通気性のいい素材を選びましょう。

大きなポケットのエプロンがオススメ!

ポケットの存在、保育士にとってはとても重要です。
実習中はペンとメモをしまっておいたり、子どもをあやすための玩具を入れておいたりします。
時には「先生これ持ってて! 」「先生にプレゼント! 」と子どもからいろいろなものを渡されるときがあります。
いちいち自分のカバンの中にしまいに行くことは当然できませんから、一旦ポケットの中へ入れます。
そんな時に大きなポケットが付いていると便利です。
気がつけば宝の山になっていることもしばしばですが……(笑)
エプロンを選ぶときにひとつ、注目して探してみてください。

キャラクターものはOK!

エプロンを選ぶときに悩むのが、キャラクターが付いているエプロンはいいの? ということ。
答えは、OKです!
エプロンのキャラクターがきっかけで子どもと会話ができたり、赤ちゃんをあやしたりすることができます。
ただ、実習園の保育方針や園のカラーによってはキャラクターものがダメだったり、動物ならOKだったりとさまざまです。
一度エプロンを買ったら実習の期間、そして就職してからも使い続けるかもしれません。
長い間使うことや、どの園でも使えることを考えると、キャラクターものよりも動物をモチーフとしたものを選ぶほうがいいでしょう。
キャラクターが付いているエプロンしか持っていない方は、実習園のオリエンテーションで使ってよいか確認してみてください。
また、実習の時には自分の名札を手作りすることもあると思います。
その名札が1番目立つように、華美すぎないデザインのものを選ぶことをオススメします。

保育士がエプロンをつけるメリット

ここまで、エプロン選びのポイントを解説してきました。
なぜ、保育士はエプロンを付けるのか。そのメリットを知っておくと、よりエプロンが選びやすくなると思います。

メリット①:汚れから衣服を守ることができる

先ほどもお話しした通り、急な汚れから衣服を守ることができます。
子どもの鼻水や嘔吐、製作時の汚れなど保育中に汚れることは日常茶飯事です。
しかし、保育中に着替えをいちいち行なっていては、ケンカや怪我などのトラブルが起きたときすぐに対応することができません。
しかし、エプロンを替えるだけなら、子どもの目の前ですぐに行うことができます。
このように、子どもを第一と考えることで保育士にはエプロンが必要だといえます。

メリット②:子どもや保護者から独自の印象を持たれやすい

特に柄物のエプロンを着ていると、その印象であなたのことを覚えてもらいやすくなります。
保育士はコミュニケーションがとても大切です。その中でも、まずはお互いに覚えることからコミュニケーションは始まります。
覚えてもらえたら、遠くからでも「◯◯先生〜! 」と声をかけてもらうことができます。自分の印象の一部となるように、エプロンの色や柄を選んでみましょう。

メリット③:保育の道具になる!

エプロンは、時に心強い相方となってくれることがあります。
例えば保育実習の最初、挨拶をどのようにしようかと悩むことがあるかもしれません。
そのようなときに、エプロンの中に何かを忍ばせておいたり、仕掛けつきのエプロンを着てエプロンシアターのようなことをしたりすることで保育の道具になります。
何枚か持っておく中に、このように印象づけられるエプロンが1枚あるのもオススメです。

エプロンを用意するときの4つの注意点

エプロンを用意する時には注意してほしい点もいくつかありますので、確認していきましょう。

枚数に余裕をもって用意しましょう

エプロンは、汚れたり、汗をかいたりしたときにすぐに替えられるように、着ていくものの他に2枚くらい多く用意したいものです。また、実習は毎日行うものですから、洗い替えも含めて4〜5枚は用意しておくのがベストでしょう。

清潔感のあるものを持って行きましょう

エプロンに既に汚れが付いているもの、畳まずにカバンの中でぐちゃぐちゃになっているものなど、清潔感に欠けるものはNGです。
子どもや保護者の方、一緒に働く保育士からの印象が台無しになってしまいます。
汚れが目立つ部分は下洗いをしたり、しっかりシワを伸ばしてから干して畳んだものを持っていくようにしましょう。

糸のほつれやボタンが取れかかっていないか確認しましょう

買ったばかりのエプロンはボタンが緩く付いていたり、糸が長くほつれていたりすることもあるため、注意して確認しましょう。
例えばボタンが落ちて小さな子どもが誤飲してしまうような、思わぬ事故に繋がる危険があるからです。
実際私も働いていた時は、洗うたびに注意してエプロンを観察していました。
ボタンのないエプロンを選ぶことは難しいので、注意して確認するようにしてください。

匂いはキツすぎないようにしましょう

意外と気になるのが、柔軟剤の匂いがキツすぎることです。汗をかくと、その匂いが気になるため、つい多めに柔軟剤を入れてしまうこともあるかもしれませんが、子どもの嗅覚は敏感で強い匂いが苦手な子もいます。

そのため、洗剤の自然な匂いくらいを想像して洗濯するようにしましょう。

自分に合うエプロンを見つけて保育実習を乗り切ろう!

今回は保育実習のエプロンの選び方についてお話しました。
種類や色、柄についてやエプロンをするメリットについて理解できたのではないかと思います。
エプロンの選び方ひとつで、保育実習を有意義に過ごせるかどうかが決まると言っても過言ではないくらい、エプロン選びは大切なものです。
ぜひ、今回の解説を参考に自分に合ったエプロンを選んでみてください。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HOiCiL」です。HOiCiLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました