【保育実習のお礼状】時候の挨拶(季節の挨拶文)の例文を紹介!

保育実習のお礼状 時候の挨拶について解説!書き方

保育実習を終えた後、実習した園に向けて、感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を書きますよね。

普段書く手紙とは違い、お礼状は文章の流れが決まっています。

なかなか書き慣れないため、「文章の流れが分からない」、「普通に書いてはいけないの?」と戸惑いや疑問があることでしょう。

今回はお礼状について、特に時候の挨拶(季節の挨拶文)の書き方を中心に解説していきます。

春夏秋冬に合わせた例文もありますので、参考にしてみてくださいね。

お礼状の構成とは?

一般的にお礼状は、前文・主文・本文・末文の4つで構成されます。

  • 前文】
  • お礼状の挨拶に当たる部分のことを言います。’’拝啓’’や’’拝呈’’などの「頭語」と「時候の挨拶」と「相手の身体を気遣う言葉」の3つで構成されています。

  • 主文】
    手紙を書くうえで一番伝えたいことを書く重要な場所です。分かりにくい文になってしまうと、一体何を言いたいのかが分からなくなってしまいます。そのため、「この度は保育実習をさせていただき〜」と感謝の言葉を簡潔に書くようにします。

  • 本文】
    実習で学んだことを具体的に書くようにしましょう。

  • 末文】
    「結びの挨拶」と’’敬具’’や’’敬白’’などの「結語」から構成されています。結語は、「拝啓からはじまれば敬具」というように、必ず対になる言葉の決まりがあるため確認してから使うようにしましょう。

お礼状の基本的な書き方について詳しくはこちらをご覧ください。

お礼状の書き出しには何を書く?

先に述べたように、お礼状の前文は「頭語」と「時候の挨拶」と「相手への身体を気遣う言葉」の3つの要素によって構成されています。

頭語

手紙の切り口に書く言葉で、相手への敬意を表します。

暑中お見舞いや寒中お見舞いなど、季節の挨拶にはこの頭語は不要になりますが、今回のようなお礼状には必須なので、必ず書くようにしましょう。

また、頭語には必ず対となる「結語」がついてきます。

一般的なのは、「拝啓」と「敬具」の組み合わせですが、保育実習のお礼状は目上の方に宛てて出す手紙なので、より丁寧な「謹啓」と「謹言」の組み合わせでもいいでしょう。

時候の挨拶

手紙の中で、見積書のようなビジネス文書の場合は、時候の挨拶を書かなくてもいいとされています。しかし、お礼状の場合は、相手により丁寧な印象を与えるために必ず時候の挨拶を入れましょう。

また、手紙を書いてみるとわかりますが、時候の挨拶は本文を書く際のワンクッションとなるため、本文が書きやすくなります。

古くから日本人は四季の移り変わりを大切にしてきたため、お礼状を出す際には、季節や天候合わせた挨拶を書くといいでしょう。

各月の「時候の挨拶」の書き方と例文

12か月それぞれの時候の挨拶には、どのような言葉があるのでしょうか。
月ごとの注意点や例文を紹介します。

なお、時候の挨拶は頭語から1行あけて書き出すようにします。

1月の時候の挨拶

新しい年を迎え心を新たにする月です。季節の中で寒さが厳しい月でもあるので、相手の気持ちを汲むように書きましょう。

  1. ・厳冬の候
  2. ・初春の侯
  3. ・寒さが身にしみるこの頃
  4. ・厳寒の折
  5. ・吹く風一段と身にしみるこの頃

2月の時候の挨拶

寒さがまだまだ厳しい月です。しかし、暦の上では節分や立春があり、春が訪れます。時候の挨拶の中でも、春の気配を感じさせるような言葉を使いましょう。

  • ・余寒の候
  • ・春寒の候
  • ・残寒厳しき折から
  • ・どことなく春の気配が漂っています
  • ・春はもうそこまで来ております

3月の時候の挨拶

さまざまな花が咲き始め、春の訪れを感じさせる月です。生活の中では、変化のある月でもあります。心新たに、明るくなるような言葉を使いましょう。

  • ・初春の候
  • ・春寒の候
  • ・春光うららかな候
  • ・春寒しだいにゆるむ折から
  • ・日増しに暖かくなってまいりました

4月の時候の挨拶

春という季節の中心となるのがこの月です。草花が生茂る様子、春の暖かさを感じさせるような文言を入れるとこの月らしくなります。

  • ・春暖の候
  • ・桜花の候
  • ・若草が目にも鮮やかに燃え立つ折から
  • ・春色日増しに濃くなる折から
  • ・花の便りが次々と舞い込むこのごろ

5月の時候の挨拶

5月は若葉の緑が美しい印象の月です。木々や風、空などの言葉を用いて、この月の爽やかな印象を与えるような言葉を使いましょう。

  • ・若葉の候
  • ・残春の候
  • ・若葉に風薫る今日このごろ
  • ・若葉の緑もしだいに色濃くなってきました
  • ・雲ひとつない五月晴れの空が広がっています

6月の時候の挨拶

雨やじめじめとした気候がうっとうしく、憂鬱な気分になるような月です。徐々に夏へ向けて鮮やかな緑が深まる様子を言葉にすることで、前向きな気持ちを表現しましょう。

  • ・梅雨の候
  • ・初夏の候
  • ・雨にぬれた青葉が鮮やかに目に映えるころ
  • ・降り続く雨に木々の緑も色を深めています
  • ・雨後の新緑がより濃くなったように感じます

7月の時候の挨拶

厳しい夏が始まる月です。相手の気持ちを気遣う言葉がスムーズに続くよう、夏の暑さ、厳しさを感じさせるような言葉を入れるといいでしょう。

  • ・猛暑の候
  • ・盛夏の候
  • ・真夏の青さがまぶしいこのごろ
  • ・蝉の声が暑さをいっそうかき立てます
  • ・お暑い折柄

8月の時候の挨拶

一年の中では最も暑さが厳しい月です。しかし、朝晩の涼しさを感じられる季節でもあります。夏が終わり秋の訪れを感じさせるような言葉を使いましょう。

  • ・残夏の候
  • ・晩夏の候
  • ・夏も終わりを告げようとしています
  • ・ひぐらしの声に涼味を覚える今日このごろ
  • ・しのびよる秋の気配が感じられるころ

9月の時候の挨拶

夜も徐々に長くなり、秋が深まっていく月です。涼しく、心地よく過ごせるようになった様子を表してみましょう。

  • ・秋涼の候
  • ・初秋の候
  • ・空高く澄みわたる今日このごろ
  • ・木々のそよぎにも涼気が感じられるこのごろ
  • ・秋風が肌に心地よい頃となりました

10月の時候の挨拶

10月は秋の真っただなかであり、自然が大きく変化する月です。風や空、木々が色づく様子など、五感で感じられる秋の言葉を表現してみましょう。

  • ・秋冷の候
  • ・紅葉の候
  • ・秋気が心地よい今日このごろ
  • ・木々の葉も色づいてまいりました
  • ・夜空に月が冴えわたる季節になりました

11月の時候の挨拶

秋から冬に移行する月です。紅葉から季節が進み落ち葉となり、寒さが深まる様子を言葉にすると季節感が伝わるでしょう。

  • ・向寒の候
  • ・落葉の候
  • ・日増しに寒くなる折から
  • ・落ち葉に秋の深まりを感じる昨今
  • ・朝夕めっきり冷え込むころとなりました

12月の時候の挨拶

冬が始まり、寒さが身に染みる月です。相手の気持ちや体調を気遣う文がスムーズに続くような言葉を使いましょう。

  • ・初冬の候
  • ・寒気の候
  • ・寒さひとしお身にしむ年の瀬
  • ・寒風に落ち葉が舞っています
  • ・師走の寒さはひとしおでございます

季節ごとの挨拶例文

ここまで紹介してきたことを踏まえたうえで、さらに、春夏秋冬ごとの挨拶文例を紹介します。

春の挨拶例文

拝啓 花の便りが次々と舞い込むこのごろ、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
保育実習の折には、お忙しいなかさまざまなことを丁寧にご指導いただきまして、誠にありがとうございました。

拝啓 若葉の緑も次第に色濃くなってきました。園のみなさまにおかれましては、お変わりなくお過ごしのことと存じます。この度はお忙しいなか、保育実習においてご指導いただきありがとうございました。

夏の挨拶例文

拝啓 猛暑の候 園のみなさまにおかれましてはご健勝にお過ごしのこととお喜び申し上げます。この度はお忙しいなか、◯日間において保育実習をさせていただきましてありがとうございました。

拝啓 ひぐらしの声に涼味を覚える今日このごろ、園のみなさまにおかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます。この度は保育実習の折、お忙しいなかご指導いただき、誠にありがとうございました。

秋の挨拶例文

拝啓 秋風が肌に心地よい頃となりました。園のみなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。この度は〇日間、貴重な実習の機会を与えていただき、誠にありがとうございました。

拝啓 秋冷の候 園のみなさまにおかれましてはご健勝にお過ごしのことと存じます。保育実習の折には、お忙しいところ貴重なお時間を頂戴しご指導くださりまして、誠にありがとうございました。

冬の挨拶例文

拝啓 初冬の候 先生方におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます。
この度はお忙しいなか、保育実習において毎日丁寧にご指導いただきありがとうございました。心より感謝しております。

拝啓 寒さが身にしみるこの頃 先生方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度は◯日間に渡り、実習の機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。

お礼状の前文の書き方をマスターして、より丁寧な文章を心がけよう

保育実習のお礼状は前文、主文、本文、末文の4つで構成されています。

そのなかでも前文は、「頭語」と「時候の挨拶」と「相手の身体を気遣う言葉」の3つの要素に分かれていることをまずは覚えておきましょう。

今回紹介した例文や文章の型を参考にしつつ、自分らしい感謝の思いを述べられるようにしましょう。

【関連記事】

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました