【保育実習で使える!】フェルトを使った名札の作り方

【保育実習で使える!】フェルトを使った名札の作り方制作物

保育実習に向けた準備の中でも、苦戦する方が多いもの……それは、名札作りです。これまで、裁縫をほとんどしたことがなかったり、デザインを考えるのが苦手だったり、つい後回しにしてしまう方もいるのではないでしょうか。

今回は、保育実習でつける名札作りの注意点や、実際に使える名札の作り方を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

記事の後半には、名札の型紙を添付していますので、ご自分で名札を作る際にぜひ使ってみてくださいね。

保育実習で名札を手作りする際の注意点

名札を手作りする場合、いくつか注意点があります。この記事では簡単に紹介していますが、詳しい内容を紹介した記事もありますので、そちらにも目を通してみてください。

名札を手作りする場合の注意点について、こちらの【保育実習で使える!】名札作りのポイントをご参考ください。

実習先の園に確認したいポイント

せっかく作った名札がお蔵入りになってしまうことがないよう、事前にオリエンテーションや電話などで確認しておくと安心です。

✔️手作りの名札をつけて良いか

そもそも、自作の名札を使用していいのか聞いてみましょう。

✔️安全ピンは使用して良いか

園によっては、安全ピンをNGにしているところもあります。安全ピンの代わりに面ファスナーやスナップボタンを使ったり、直接エプロンに縫い付けたりする方法もあります。

✔️キャラクターの使用について

人気のキャラクターは子どもウケがいいので使いたいところですが、園によってはキャラクターものをNGにしている場合もあります。

✔️フルネームが必要かどうか

一般的には、フルネームで作ることが多い名札ですが、保育士は苗字で呼び合うルールがある園もあるようです。

安全な素材で作る

フェルトや布など、子どもが触れても安全な素材を使いましょう。0歳児クラスに入る場合は、口に入れてしまう可能性も考慮して素材を決めます。

パーツが外れてしまうと誤飲に繋がる恐れがありますので、安全な素材でも油断せず、しっかりと縫い付けたり接着剤が剥がれないか確認したりするようにしましょう。

ボタンやビーズなどの装飾パーツはかわいいのですが、外れやすいので避けた方がよさそうです。

保育実習で使う名札作りのポイント

名前や細かいパーツを切る際のコツ

保育実習での名札作りでは、フェルトで細かいパーツや文字を切り出す工程がでてきます。他のパーツと同じやり方ではうまく切れない場合があります。そんなときのおすすめの方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

✔️クラフト用、手芸用の刃先の細いハサミを使う

普通の工作バサミや裁ちバサミなどは、小回りが効きにくいですよね。細かいパーツ専用のハサミがあれば、楽に切ることができます。

文字を切る際、特に「の」や「な」など、内側の丸を切り抜く場合は先の細いハサミが便利です。

✔️仮止めクリップを使う

ソーイングクリップと呼ばれるクリップで、型紙とフェルトをはさんで切る時に使います。細かくて指ではさむと切りにくいときに便利です。100均のミニクリップやカーテンクリップの先でも代用できますよ。

✔️マスキングテープを使う

型紙がずれて切りにくい場合、無地のマスキングテープをフェルトに貼り、その上から油性マジックで直接線を書き入れます。切ってからマスキングテープをはがせば、小さなパーツも楽に切れるのでおすすめです。

【難易度別】名札の作り方

ここからは、実際に名札の作り方を紹介していきます。針や糸を使わない簡単なものから、マスコット型の上級者向けのものまで、難易度別に3種類あるので、自分の経験に応じて選んでみてください。

制作所要時間は、できるだけ丁寧に作業した場合の想定です。慣れている方や、文字を既製品で作る方は、もっと時間を短縮できると思います。

初心者向け『りんご』の名札

果物の簡単なモチーフを使った名札です。
針や糸を使わず、接着剤だけでできるような作り方になっています。
裁縫が苦手な方でも簡単にできるでしょう。

初心者向け『りんご』 名札の完成写真

材料:フェルト(赤、茶、黄緑、桃、水、クリーム)、手芸用接着剤、チャコペン(鉛筆でも可)、型紙、厚紙、はさみ、安全ピン

材料費:およそ250円

所要時間:1時間〜1時間半程度

りんごの名札の型紙

①型紙からフェルトに移し取り、パーツを切る。型紙をテープやまち針で直接フェルトに貼り、型紙ごと切り取ってもOKです。

りんごの名札 各パーツの写真

②土台となるフェルトより、一回り小さいサイズで厚紙を切る。

りんごの名札 厚紙の写真

☆ワンポイント

土台の間に厚紙や牛乳パックをはさむことで、名札がしっかりとした作りになります。サイズやデザインによって必要ない場合はこの工程は省いてOKです。

厚紙などをはさむ場合は、角を丸くしておきましょう。縫い目の隙間から角が飛び出してしまうと危険です。

③土台と同じ色のフェルトを安全ピンのサイズに合わせて切り、ロックされる方の針に被せて接着剤でとめる。

りんごの名札 安全ピンの作り方の写真

④土台の裏面に接着剤でとめる。(可能であれば、針と糸で縫うとより丈夫になります。)

りんごの名札 安全ピンの付け方の写真

☆ワンポイント

名札の上にタグを飛び出させて安全ピンを通す方法もありますが、名札の裏に安全ピンが隠れるようにつけた方が、より安全です。

⑤えだの部分を2枚貼り合わせてから、土台の内側に接着する。さらにその上に厚紙を置き、表面も接着する。

りんごの名札 えだの付け方の写真

⑥葉っぱの1枚を裏側から、もう1枚を表側から、土台を挟むように貼り付ける。

りんごの名札 はっぱの貼り付け方の写真

⑦名前、装飾をそれぞれ接着剤で貼り付けて完成。

りんごの名札 完成形の写真

☆ワンポイント

名前は、既製品のワッペンを使うと早いです。その場合は、文字のサイズに合わせて土台の大きさを調整しましょう。

名前を自分で切る際のコツについては、この記事の前半で紹介しています。

初心者~中級者向け『犬』の名札

動物のような、少しパーツの多いタイプの名札になります。針と糸を使っていますが、細かな部分は接着剤を使っていますので、初心者の方でも比較的作りやすいでしょう。

犬の名札 完成形の写真

材料:フェルト(茶、うす茶、黒、桃、黄緑、白)、針と糸(フェルトと同じ、もしくは似た色を用意)、手芸用接着剤、チャコペン(鉛筆でも可)、型紙、はさみ、安全ピン、必要に応じて厚紙や牛乳パック

材料費:およそ300円

所要時間:3時間から4時間程度

犬の名札 型紙

①型紙に合わせてそれぞれパーツを切る。

犬の名札 パーツ(手、鼻、目)の写真
犬の名札 パーツ(ハート、かお)の写真

②顔のパーツを重ね、まち針などで位置を固定して縫い付ける。

犬の名札 かおの作り方の写真

③眉、目の細かいパーツを接着剤で貼り付け、口は刺しゅうする。

④土台となるフェルトにまち針で固定して、顔、ハート、手の順に縫い付ける。

犬の名札 かお、ハート、手の縫い付け方の写真

(手の部分は小さいので接着剤でもOKです。)

⑤土台のフェルトを2枚重ね、まち針で固定してから周り5mmほどの余白を残して2枚一緒に切り取る。

犬の名札の土台 フェルトの切り方の写真

⑥裏面になる土台のフェルトに、安全ピンを縫い付ける。

犬の名札 安全ピンの付け方の写真

⑦土台を再度重ねて、周囲を縫い合わせる。(厚紙や牛乳パックなどをはさむ場合は、ここではさんでください。)

犬の名札 厚紙の入れ方の写真

☆ワンポイント

重ねて縫う場合は、ブランケットステッチがおすすめですが、しっかり留まっていれば大丈夫なので、縫いやすい方法で縫ってください。逆に、アップリケ部分をブランケットステッチにすると可愛い見た目になりますよ。

⑧名前を接着剤で貼り付けて完成。(できる方は名前も縫い付けると、よりしっかりした作りになります。)

中級者~上級者向け『立体のひつじ』の名札

中に綿をつめて立体になるように作る、立体マスコット型の名札です。ほとんどの工程を針と糸で進めるほか、目なども刺しゅうで縫っています。上級者向けとなってはいますが基本的な作り方は変わりません。名札を目立たせたい方は、このようなマスコット型の名札をおすすめします。

立体のひつじの名札 完成形の写真

材料:フェルト(クリーム、茶、白、ペールオレンジ、桃、うす桃、青)、針と糸(フェルトと同じ、もしくは似た色)、手芸用接着剤、チャコペン(鉛筆でも可)、型紙、手芸用綿、はさみ、安全ピン

材料費:およそ350円

所要時間:4時間から5時間程度

ひつじの名札 型紙

①型紙に合わせてそれぞれパーツを切る。

ひつじの名札のパーツ(かお・巻きツノ、まえがみ、ほっぺ、あし)の写真
ひつじの名札のパーツ(からだ、ハート)の写真

※蹄は小さいので接着剤で張り付けましょう。

②顔、角のパーツに刺しゅうをする。 

ひつじの名札 かおのパーツの刺繍の仕方

③顔の位置を決めたらまち針で留めて、かがり縫いする。

ひつじの名札 かおのかがり縫い

④前髪部分も同様に縫う。綿を詰める部分を少し空けておく。

ひつじの名札 まえがみの作り方

※写真はブランケットステッチで塗っていますが、かがり縫いでもOKです。

⑤角も同様に縫い留める。

☆ワンポイント

まち針で留めるのが難しいパーツは、接着剤で仮留めしてから縫うと縫いやすいですよ。

⑥名前を縫い留め、ほっぺやハートなどの装飾パーツを接着剤で留める。

ひつじの名札 装飾パーツの付け方

※できる方は細かいパーツも縫い留めてOKです。今回は見た目がかわいくなるよう接着剤で留めました。

⑦裏面に安全ピンを付ける。

ひつじの名札 安全ピンの付け方

⑧表面と裏面を縫い合わせる。途中で足をはさめるため、接着剤で仮留めしておきます。

ひつじの名札 表面と裏面の合わせ方

※ブランケットステッチがおすすめですが、かがり縫いでもOKです!

⑨全部縫う前に空けた部分から綿を詰めます。好みの膨らみになったら最後まで縫い合わせて完成。  

ひつじの名札 綿の詰め方
ひつじの名札 完成形の写真

自分の作りやすいデザインや方法で無理せず作りましょう!

今回は、保育実習で使える名札の作り方について紹介しました。しかし、ここに書かれていることがすべて正解というわけではありません。自分のやりやすい方法に変えて作って下さいね。

もちろん、保育実習の目的は名札ではなく、また、名札のでき具合で評価が変わるわけでもありません。実習で子どもと触れ合うことを楽しみにしながら、無理せずに自分でできる範囲の名札を作ってくださいね。

【関連記事】

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました