【保育実習】生理でつらい時はどうする?プールや検便はできるの?

【保育実習】生理でつらい時はどうする?プールや検便はできるの?事前準備

女性であれば、保育実習中の生理は心配になりますよね。

「実習中に生理になったらどうしよう?」、「生理痛がひどい時は先生に伝えた方がいい?」、「生理中でもプールは入らなくてはいけないの?」とお悩みではないでしょうか。

迷ったり困ったりしたときは、まず先生に相談してみましょう。勝手な判断をすると、保育園側も対応に困ってしまう可能性があります。

生理の症状は個人差があるので、相談しづらいことでもありますよね。

今回は、保育実習中における生理の疑問を取り上げてみました。

実際に、現場で働く保育士さんにインタビューをして記事を作成したので、ぜひ参考にしてみてください。

生理痛がひどいときには休んでもいいの?

朝起きたら、ひどい生理痛が…こんな時は実習を休んでもいいのでしょうか?

実習に行けないとわかった時点で、症状を園長先生や担任の先生に伝え、指示を仰ぎましょう。もし休んだ日が責任実習日だった場合は、別の日に変更してもらえるので安心してくださいね。学生さんは、単位を取る必要があるため、責任実習をしないということはありません。どうしても実習期間の間に責任実習ができなかった場合は、園と学校で相談をして別の日に責任実習の機会を儲けるということもできるようです。

生理痛が毎回ひどいのであれば、オリエンテーションの時にあらかじめ伝えておくといいでしょう。いつもどんな状態なのか、やむをえず休む場合はどのような対応をしてもらえるのかを確認しておきます。保育園側としても、直前になって言われるよりも対処しやすくなります。

生理がきたことを先生に伝えた方がいいの?

症状が軽かったり、保育業務に支障がなかったりする場合は、無理に伝える必要はありません。生理痛がひどい場合や、プールに入らなくてはいけないなど、実習に支障がある場合は伝えておいたほうがいいでしょう。

生理痛が重いときはどうする?

生理痛が重いときは、まず担任の先生や園長先生に相談してみましょう。

実習の予定では激しい活動になっていても、あまり動かなくてもよい室内の保育に変更してもらえるかもしれません。

生理痛の重さは人それぞれです。なかには、動けなくなるほど強い痛みや症状が出る人もいます。症状の重さやどの程度動けるのかなど、簡潔にわかりやすく伝えましょう。

どうしても生理痛のつらさをわかってもらえない場合は、学校に相談してみるのもひとつの手です。学校側が園に掛け合ってくれることもあるかもしれません。

生理痛が重くてつらい時は、まずは先生に相談してみましょう。

生理痛の対処法

休むほどでもないけどしんどい……というときは、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。日頃から病院に通っている場合は、医師の判断に従うようにしてください。

ツボ押し

いつでもどこでもできるツボ押しは、簡単に体の不調を整えられるのでオススメです。

  • 気海・・・おへそから指2本下のところにあるツボ。
  • 関元・・・おへそから指4本下のところにあるツボ。

3〜5分程度、指で優しく押してください。

下腹部を温める

身体を温めると血行がよくなり、痛みが和らぐ人も多いようです。

腹巻を巻いたりオーバーパンツを履いたりして、下腹部を温めます。冬であれば、服の上からカイロを貼るのも効果的ですよ。

コルセットを巻く

コルセットを巻くと腰痛が軽減されます。特に、子どもを抱っこしなくてはいけない時に重宝します。長時間装着してしまうと、血流が悪くなってしまうので、休憩時間は外すようにしましょう。

生理中のプールはどうする?

実習中の生理で一番どうしたらよいか悩むのが、プールですよね。クラス別での対応を見てみましょう。

乳児クラスの場合

乳児クラスのプールは、ビニールプールを利用したり、浅いプールを利用したりするので、腰までつかることはほとんどありません。そのため、水着に着替えることはほとんどないので、普通に参加しても大丈夫でしょう。しかし、あまりにも生理痛がひどかったり、体調が優れなかったりする時は無理をせず、先生に相談してください。

浅いプールとはいえ、水を触り続けていると、想像以上に体力を消耗します。プールの後は一枚上着をはおって、身体を冷やさないようにしましょう。

幼児クラスの場合

園にもよりますが、幼児クラスでは、保育士が水着に着替えてプールに入ることもあります。その場合は、生理中だということを伝えて、先生からの指示を仰ぎましょう。勝手な判断は保育の妨げになることもあるので、避けてください。

実習生だから……と遠慮せずに、相談することが大切です。保育士には女性も多くいるので、同じ経験をしている先生も多いはずです。

子どもと一緒にプールに入れなくても、学べることはたくさんあります。先生の動きや、全体の様子を俯瞰して見られるので、いつもとは違った目線で観察することができます。

プールに入れない子どもの保育もできますし、プール中にトイレへ行きたくなった子どもの補助をするなどの対応も可能です。

水着に着替える必要がある園で生理になってしまった場合は、まず先生に相談をしましょう。

生理中の検便はどうする?

実習生でも、検便をしなくてはならない保育園もあります。生理中でも、検便はできるので安心してください。

保育園実習で必要なのは細菌の検査ですので、血液が入ってしまっても問題ありません。検便の目的は、集団食中毒をおこさないことです。

例えば、大阪市の場合は、以下のように必要な検査が定められています。

“ 実習開始前2週間以内に採取した検体

【必須項目】:赤痢菌、サルモネラ菌、病原性大腸菌O-157”

(参照:大阪市|保育実習

子どもの命にもかかわることなので、検便の指示があったら必ず検査しましょう。検査で陽性が出た場合、実習はできません。必要な検査項目は、学校や実習園に確認してください。

生理で困ったときは、園長先生や担任の先生に相談しよう!

保育現場では、職員同士の報告・連絡・相談が欠かせません。保育の仕事は、決して一人ではできないからです。勝手な判断で動いてしまうと、子どもたちにも園にも迷惑がかかってしまいます。

実習生の立場だと、「先生たちは忙しいし、生理のことを相談してもいいのかな……」と遠慮しがちになってしまいまよね。しかし、心配はいりません。先生たちは、全員保育実習生を経験してきたのですから、同じように生理で悩んだ人もいるはずです。

同僚に相談をするのも、保育士の仕事として大切なことです。困ったことは一人で抱え込まず、まずは先生に相談をして保育実習を有意義なものにしてくださいね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました