書き方

    就活面接対策

    就職希望を申し込む時のメールの書き方は?例文も紹介!

    インターネットの求人では、園とメールのやり取りをして就職活動を進める場合があります。就職に関するメールは、面接日の日程調整やお礼、内定をもらった時など、何通かに渡ってやり取りをするころもあるため、その都度メールの書き方も変わります。そのた...
    書き方

    【例文あり】保育実習レポートの「感想」や「学んだこと」って何を書くの?

    保育実習では、日誌や提出物関連の書類など、書くものが多くあります。そのなかでも、書き方について悩むのが保育実習レポートの存在です。比較的に文章量が多いため、しっかり書こうと思っていてもなかなか書き始められなかったり、途中で何を書いているの...
    書き方

    【保育実習のお礼状】時候の挨拶(季節の挨拶文)の例文を紹介!

    保育実習を終えた後、実習した園に向けて、感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を書きますよね。 普段書く手紙とは違い、お礼状は文章の流れが決まっています。 なかなか書き慣れないため、「文章の流れが分からない」、「普通に書いてはいけな...
    書き方

    保育実習日誌の考察の書き方とは?

    保育実習日誌には、子どもの様子だけではなく一日の反省や考察、感想を書く欄があります。 そもそも、考察と反省はどう違うのか、どのように書けばいいのか、わからずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回は、考察と反省の違いや...
    目標

    保育実習日誌の目標を立てるポイントとは?書き方の例も紹介!

    保育実習の際に目標設定をすることは、どんな内容にしたらいいか悩んでしまって難しいですよね。どのように目標設定したらいいか、お困りの方も多いのではないでしょうか? しかし、要点さえ押さえてしまえば、難しいものではありません。 な...
    書き方

    保育実習における指導案の書き方を解説!

    保育実習には、子どもたちや保育士のふるまいを見る観察実習や、保育士の補助を行う参加実習など、いろいろな形態があります。その中でも、学生にとって最も緊張する実習といえば、部分実習、責任実習ではないでしょうか? 自分で保育を計画し実行す...
    目標

    保育実習日誌の書き方のポイント&例文をわかりやすく解説!

    保育実習は、リアルな保育現場を経験できる貴重な機会です。毎日記入する保育実習日誌は、実習の記録として、とても重要な存在です。しかし、記入項目が多くある実習日誌の書き方には、戸惑うこともあるでしょう。 この記事では、保育実習日誌の書き...
    書き方

    【責任実習・全日保育】指導案の書き方を徹底解説!!

    保育士資格を取得するために必要な保育実習では、最終日付近に『責任実習・全日実習(以下、責任実習)』と呼ばれる、実習生が実際に子どもたちの前に立って1日活動を行う実習日が設けられています。 責任実習は、保育実習の集大成でもあり、保育士...
    書き方

    【部分実習・部分保育】指導案の書き方を徹底解説‼

    保育実習では、最終日に近づくと「責任実習・全日実習」と呼ばれる、実習生が実際に子どもの前に立ち、1日活動を行う実習日が設けられています。責任実習や全日実習をよりよい経験の場にするためにも、実習中に経験しておきたいのが『部分実習・部分保育(...
    書き方

    【封筒の書き方を図解】保育実習後のお礼状の送り方とは?

    保育実習を乗り越えた後は、お世話になった実習先の先生に感謝の気持ちを込めて「お礼状」を書くのがマナーです。しかし、いざ書き始めようと思っても、『便箋は何を使えばいいの?』『封筒の宛名の書き方は?』と疑問が出てきます。 そこで今回はお...
    書き方

    【例文で解説】保育実習後のお礼状の書き方とは?

    保育実習後はお世話になった事への感謝の気持ちを込めて、園へ「お礼状」というお手紙を出すのが一般的なマナーです。しかし、普段手紙を書く機会が少なく、手紙のマナーがわからないという方も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、保育実習後の...
    書き方

    【文例で解説】保育実習での感想文の書き方

    保育実習では、実習で体験した事や感じたことを感想文として、保育実習の担当保育者に提出します。担当保育者は実習生の感想文を読んで、実習生の成長や気付き、悩みなどを把握し、アドバイスやコメントをフィードバックします。自身の成果や評価を客観的に...
    目標

    【事例集あり】保育実習の目標の書き方を徹底解説!

    保育士の資格を取得するために必要な保育実習。有意義な実習にするために欠かせないのが、目標の設定です。 目標を設定することで、子どもの様子だけではなく、保育者の動きや関わり方に注視することができ、保育実習の質が格段に良くなります。 ...
    タイトルとURLをコピーしました