4歳児クラスの保育実習まるわかりガイド

4歳児クラスの保育実習まるわかりガイド事前準備

4歳児は、日常生活のなかでの基本的な生活習慣はほぼ確立し、自分で考えて行動するようになる時期です。

自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりといった、社会生活に必要な力も身に付いていきます。

自分である程度できるため、安心してしまいがちですが、まだできないことや援助が必要なこともあります。子どもからのサインを見逃さないようにして行くことが大切です。

では、4歳児クラスで保育実習を行う場合、実習生としてどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

4歳児の発達段階や保育士の役割・実習のねらいや接し方についてご紹介します。

4歳児とはどんな発達状況なのか

4歳児クラスは、4月の時点で4歳0か月~4歳11か月までの子どもが生活しています。

幼稚園では「年中」と呼ばれる学年であり、幼児クラスの中で3歳児の「年少」、5歳児の「年長」に挟まれています。

年少には、お兄さんお姉さんとして世話をしつつも、年長に憧れて生活をしています。

身体の発達

4歳児になると複雑なルールのある遊びを友だちと楽しみます。

また、三つ編みに挑戦してみたり、雑巾を絞って身の回りを綺麗に掃除したりと、さまざまな活動に取り組めるようになります。

・活動的に全身を使いながら様々な遊具や遊びに挑戦する。

・短縄を回しながら跳んだり、転がってきたボールを蹴ったりするなど、目と手足の供応性が増す。

・身体全体を協応させた複雑な運動(縄跳びやボール遊びなど)をする。

・心肺機能が高まり、活発に身体を動かして遊んだり、自ら挑戦したりする。

・ルールのある遊びを友だちと楽しむようになる。

・手先の器用さが増し、小さなものをつまむ、紐を結ぶ、雑巾を絞るといった動作ができるようになる。

・大人の援助を受けながら、さまざまな用具を扱えるようになる。

言葉の発達

ひらがなが読めるようになる子も増え、絵本を自分たちで読んだり、図鑑を見て友だちと知識を共有したりするようになります。

子ども同士で「協力する」楽しさを味わうようになり、ブロックで複雑なものを協力して作ったり、椅子を使って積み木を高く積み上げたりと、遊びも高度に展開されます。

・自分と他人の区別がはっきりとわかり、自我が形成され、自意識を持つようになる。

・思い通りにならない不安や辛さなど葛藤を経験しながら、人の気持ちにも気付き理解するようになる。

・10程度まで数える。

・「勝ち、負け」がわかる。

・経験したことを相手に分かるように説明する。

・自分の名前を読む。

・文字に興味を持つ。

生活習慣

年長児を見て真似をし、年下の子の世話や保育者の手伝いをし、感謝されることに喜びを持つようになるのが4歳児です。

それまで個々で活動していたことも、友だちと協力して行うようになっていきます。

・生活に必要な行動のほとんどを一人でできるようになる。

・清潔の習慣が身に付き、自分で鼻をかんだり、うがいをしたり、髪を整えたりする。

・箸の使い方に慣れ、箸を使って食べる事ができるようになる。

・自分の身体についてわかるようになり、暑さ寒さで衣服の調整を自分で行おうとする。

・時間の流れや感覚が育って、見通しを持って生活できるようになる。

・共有物を大切に扱い、片付けなど自分で生活の場を整えることや、その必要性を理解する。

4歳児クラスの実習目標

4歳児に対する保育士の役割

4歳児クラスは自分のことがほとんどできるようになり、子ども同士のトラブルも自分たちで解決できるようになります。

保育者は子どもに過度に介入せず、見守って子どもたちだけで解決に導けるよう配慮しています。

一見すると、放置しているように見えるかもしれませんが、子どもの考えや行動を大切にしているからこその様子見です。

保育者がどこまで子どもに介入しているか、見てみるのもいいですね。

実習生が見る視点

4歳児になると、協調性が育ち、気の合う友だちと役割分担をして遊ぶようになります。

一緒に遊ぶ中で、それぞれイメージを共有しながら遊んでいるように見えながらも、それぞれのイメージで遊んでいることもあります。

自分の世界観と友だちの世界観をどう共有しているのかを視察してみると、面白い発見がありますよ。

また、ひとつの遊びを何日も続けて行うことがあります。

リリアン編みに挑戦したり、細かな塗り絵に挑戦していたり。

遊びの続きを中断する際、どのように対応しているのか、保育環境の工夫についても見てみるといいですね。

目標の例文

4歳児の目標の例文について下記にまとめました。

より詳しく知りたいという方は、『【事例集あり】保育実習の目標の書き方』や『保育実習日誌の目標を立てるポイントとは?書き方の例も紹介!』をご覧ください。

  • ・4歳児クラスの一日の流れを知る
  • ・子ども同士の関わりの中から友だちと協力し合う様子を見る
  • ・保育者の子どもへの援助の仕方を知る
  • ・活動のねらいに対し、保育者がどのような工夫を行っているか知る
  • ・3、5歳児クラスとの違いを知る
  • ・3歳児との活動や保育者の援助の違いに気付き、声掛けの仕方を知る

4歳児クラスの保育のねらい

ねらいの立て方

友だちと協力して楽しむ姿が多くみられるのが4歳児です。

さまざまな表情や豊かな感情が生まれる姿を学んでいけるといいですね。

ねらいの例文

4歳児のねらいの例文について下記に例文をまとめました。

  • ・食材に興味を持ち、食事のマナーを守りながら食べる。
  • ・ルールを守りながら友だちと遊ぶ楽しさを味わう。
  • ・自分の思いや考えを友だちと伝え合い、イメージを共有して遊ぶ。
  • ・身の回りのことを理解し、丁寧に行おうとする。
  • ・紐を通したり結んだりといった手先を扱う遊びを楽しむ。
  • ・自分と相手の要求が異なることを理解することができるようになる。

4歳児クラスでの自己紹介

年齢に合わせた自己紹介

4歳児になると大人の話をほぼ理解しており、実習生のことも知っています。

毎年実習生を受け入れている保育園では、「実習生はどういう人なのか」ということも理解しており、「先生になるお勉強をしにきた」、「一緒に遊んでくれる」という印象をもっているので、実習生が来ることを楽しみにしている子もいます。

子どもが一緒に遊びたい!となるような特技を披露するのもいいですね。

自己紹介をするときのポイント

4歳児は、言葉も理解し、話もしっかり聞くことができます。

そして、実習生に対しても慣れているため、笑顔や声の抑揚などをよく見ています。

「この先生は面白そう」、「この先生は優しそう」という印象がもてるように、笑顔で子どもたちに話しかけるようにしましょう。

自己紹介のやり方について、より詳しく知りたいという方は、『保育実習ですぐできる!!自己紹介の3つのポイント』の記事をご覧ください。

自己紹介の例文

4歳児向けの自己紹介の例をご紹介します。

  • 「田中あかりです、保育園の先生になるお勉強のために、こどもすくすく保育園にきました。うさぎ組のお友だちとたくさん遊びたいと思っています。先生が好きなことはブロック遊びです。高く積み上げることと、ロボットをつくることが得意なので、好きな人は一緒に遊びましょう。走ることも好きなので、鬼ごっこは負けません!よろしくお願いします」

4歳児との遊び

子ども同士の関わり方

4歳児は、子ども同士の関わりが多くなり、一緒に何かを行う、同じイメージを共有して楽しむことが増えます。

ごっこ遊びでも、それぞれが役割を持ち、演じて遊ぶようになります。

絵本のような世界観を取り入れて楽しむこともあるため、遊んでいる様子を観察してみましょう。

保育士との関わり方

対大人と遊ぶことが多かった乳児クラスとは違い、基本的には子ども同士の遊びを楽しむようになります。

保育者は子どもの遊びを邪魔しないように、静観しながらも、ごっこ遊びに必要な用具や道具を揃えたり、できないことに対してヒントを与えたりしながら援助していきます。

子どもの「やりたい」を存分に行えるような環境づくりをしていきましょう。

どんな遊びが好きか

4歳児の好きな遊びをまとめています!

より詳しく子どもとの遊び方を知りたいという方は、『【職場体験で使える!!】保育士が教える子どもと遊ぶときのポイント』の記事を見てくださいね。

  • ・ごっこ遊び

・お医者さんごっこ、お店屋さんごっこなど、自分で作ったもので楽しむ

・友だちと役割を分担する

  • ・氷鬼、色鬼、高鬼

・複雑なルールを理解し、友だちと遊ぶ楽しさを味わう

・友だちと協力してゲームを行う

  • ・製作遊び

・廃材を組み合わせて、自分が好きなものを表現する

  • ・中当て、キャッチボール

・ボールを投げたりキャッチする動作を知る

・友だちと戦略をたてる

4歳児クラスの感想と反省

どんな視点で書くか

4歳児は、自分でできることが増え、子ども同士の関わりもより多くなっていきます。

子ども同士のやり取りの中から、「リーダー的な存在」「自分の意見をなかなか言えずにいる子」といったそれぞれの性格が見えてきます。

遊びのなかでの子ども同士の関係を見ていくと、新たな発見があります。その関係にあわせて、保育者がどう援助しているのかを考えてみるといいですね。

次に活かすためには

4歳児は、5歳児に向けて、当番活動や係活動を積極的に行うようになります。

当番活動が好きな子もいれば、前に立つことが苦手な子もいます。同じ活動でも、子どもによってさまざまな反応を見ることができますよ。

子どもたちが自ら挑戦していることは何か、4歳児と5歳児の活動の違いは何かということにも目を向けてみましょう。

さらに詳しく感想と反省の書き方について知りたいという方は、『【文例で解説】保育実習での感想文の書き方』や『保育実習日誌の「反省と感想」の書き方を徹底解説!』の記事をご覧ください。

4歳児クラスへのプレゼント

実習最終日に、子どもたちにプレゼントを渡したいと考えている実習生もいるかと思います。

実習先の保育園によってはプレゼントをNGにしている場合もあるので、確認してから渡すようにしましょう。

プレゼントを渡す場合、4歳児はどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。

最終日に渡すプレゼントのポイント

4歳児は、ほとんどの子がひらがなを読めるようになり、長い文章も楽しむことができるようになります。

手紙を書く際にも、楽しかったことや思い出に残ったことを言葉に表すと、「あかり先生とかけっこして楽しかったね」、「あかり先生とブロック30個も積んだんだよ」と思い返すきっかけにもなります。

プレゼントの紹介

  • お手紙(8ツ切り画用紙に1枚)
  • 段ボールで作ったパズル
  • ひらがな表

ひらがなを読めるようになると、お手紙は嬉しいものです。

楽しかった思い出を一緒に記載すると、思い返すきっかけにもなります。マスキングテープやシールなどでかわいく装飾するのもいいですね。

また、子どもと撮った写真をパズルにするのもいいですよ。

全員の集合写真を拡大でカラーコピーし、段ボールに貼ります。

もう一枚段ボールで枠をつくり、後は切るだけでオリジナルのパズルをつくることができます。

写真がNGの場合は、楽しかった思い出を描いてコピーしたものを使うといいですね。

参考:段ボールの自作パズル

手作りのプレゼントについて、『保育実習で子どもに渡す手作りプレゼントのおすすめ3選』と『保育実習でクラスに渡す手作りプレゼントのおすすめ3選』の記事でも紹介をしているので、ぜひご覧ください。

子どもを理解して保育実習に臨もう

4歳児クラスは、自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりといった社会性が身についていきます。また、保育士の話しから自分で考えて行動できるようになっていきます。

実習では、「次は〇〇するんだよ」とすぐに答えを教えるのではなく、「次は何をするんだっけ?」のように、子どもが自分で考えて行動できるような声かけをすることが大切です。

先輩保育士が行っている声かけのやり方を観察するのもいいですね。

投稿者プロフィール

ホイシル編集部
ホイシル編集部
保育園のインターンシップや実習を支援するサイト「HoiciL」です。HoiciLは保育士を目指す学生(高校生、大学生、短大生、専門学生)や復職を考える方のための情報サイトです。
有益な情報を提供し、ミスマッチをなくすことで「保育士が、やりがいをもって働き続けられる社会」を目指しています。
タイトルとURLをコピーしました